【おさいほう】細身のハイネックのジャケットボタンタイプの縫い方。

細身のハイネックのジャケットの型紙

前ファスナータイプを作りたい場合はこちらから

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。


前身頃のと前身頃脇、後身頃と後身頃脇を図のように表同士が内側になるようにに重ねる。
赤い線のところを縫う。
写真の黒のジャージは、この前にパイピングを挟み込んで作りました。

まっすぐ縫う方法


縫い終わったら縫い代をアイロンで左右に折る。

カーブのところの長さがあわないのは何故?という方へ

曲線の内側の方に縫い代がある場合は出来上がりより縫い代が短く、曲線の外側にある縫い代は出来上がりより縫い代が長くなります。


ピンクと青の曲線をまっすぐにすると差が出るでしょう?
なので、カーブのある縫い代をあわせるときは、縫い代の端を合わせて、ピンを打つのではなく

出来上がりの線のところをまち針であわせるようにとめて、しつけをしてから縫う。