けっこう簡単! 生地のグラデーションに染める方法

グラデーション染めの仕方の動画

生地をグラデーションに染めます。

粉を溶かす

今回は綿生地を用意したので、煮なくても染まる染料を使います。

生地をグラデーションに染める方法 洋裁

コールダイオール
30度以上の水で染まるよ。

うさこ
化繊は染まりにくいので熱を加えないと染まりません。
なので化繊を使う場合はコールダイ ホットの方を使ってください。
そして綿より濃いめの液で染めてください。

生地をグラデーションに染める方法 洋裁

ケチらず粉は使い切るのがよいです
出し入れすると粉が手について
気が付かないうちに生地が汚れます


生地をグラデーションに染める方法 洋裁

粉をぬるま湯でとかす
生地をグラデーションに染める方法 洋裁

よく混ぜてから大きい容器に移す

促進剤を入れる(今回は塩)

生地をグラデーションに染める方法 洋裁

綿、麻は塩を入れると染まりが良くなる。

うさこ
塩や酢は色止めではなく、染まりを良くする促進剤です。
色止めは専用の色止め剤を使います!

染める器に移す

生地をグラデーションに染める方法 洋裁

容器がなければ箱にごみ袋をかければOK
生地をグラデーションに染める方法 洋裁

染料は2回に分けて入れます

布を器に漬ける

生地をグラデーションに染める方法 洋裁

あらかじめ水につけて生地を濡らしておく


生地をグラデーションに染める方法 洋裁

上下に揺らし下は濃くなるよう長めに漬ける。


生地をグラデーションに染める方法 洋裁

乾くと薄くなるので濃いめに染めてください

布をすすぐ

生地をグラデーションに染める方法 洋裁

すすぎの水に台所用洗剤を入れる


生地をグラデーションに染める方法 洋裁

生地をグラデーションに染める方法 洋裁

生地をよく洗いすすぐ

色止め剤を入れて漬ける

生地をグラデーションに染める方法 洋裁

ぬるま湯に色止め剤を入れて数10分放置
すすぎ脱水で洗濯機を使うと次の洗濯物が染まったりするので使わない事

脱水して乾かす

生地をグラデーションに染める方法 洋裁

私は野菜の水切り器を脱水器として使ってます
生地をグラデーションに染める方法 洋裁

部品ごとなら服の生地でも脱水できます

生地をグラデーションに染める方法 洋裁

こんな感じで濡れているときと乾いた時では色が変わります。
濡れているときは濃く見えるので、実際より濃いめに染める必要があります。

うさこ
粉をお湯でといて洗剤と色止め剤ですすぐだけ
簡単でしょ?ぜひ挑戦してみて!

ちょっとだけ楽にする方法

生地をグラデーションに染める方法 洋裁


大きい布を上下に揺らすのって結構大変ですよね。

そこで段階を追って引っ掛けられるように、私はハンガーをいくつか使って徐々に位置を上げていきました。


ただ一番疲れるのは生地の上下運動だと思うのでこんなのを考えてみました生地をグラデーションに染める方法 洋裁900

お風呂場に突っ張り棒を通す。
生地を掛けた棒とゴムでつなぐ
濡れた生地は大きさによってかなり重くなるので、その場合は2~3㎝の太いベルトゴムとかにするといいかもしれません。

布のグラデーションの染め方
染めは専門ではないのでもっといい方法があるかもしれませんが、私(うさこ)流のやり方です。 ...
印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。