【おさいほう】手軽に簡単フリルタイの作り方


ロックミシンとか特殊なミシンがないと作れないと思い込んでる方の多いフリルタイが簡単に手芸店で手にはいる道具で作れます。

フリルタイの型紙を見る
画像の色の説明

布を切る

布の上に型紙をおき線を写す。
ほつれ止め液が消える可能性があるので、鉛筆か、フリクションペンで写すと良いです。


型紙を外し線をまたぐようにほつれどめ液を塗る。

下にしみるので、いらない紙を下にしいておくとよいです。



線の内側を切る。

同じようにベルトも切る

フリルを折る

円の中心を通るように切り込みの所から裏に折る

ベルトを作る

ベルトの縫い代を1cm裏に折る。


ベルトを首に当てて1.5~2cm程度重なる長さになるように両端を折る。
折る分量が多いときは縫い代が1cmになるように余分を切る。


半分に折る。

ベルトとフリルを縫う

表側同士が内側になるように重ねる。
中央の印同士を合わせてピンでとめる。

布の縫い合わせ方


カーブは切り込みを入れるとまっすぐに広げやすくなります。
フリルのカーブの縫い代に7mmくらいの切り込みをいれてひろげて、ベルトにつけてください。


1cmの所を縫う


ベルトでフリルの上をくるんでください。
端から3~5mmのところを縫う。

スナップボタンをつける

表側に凸反対側の端の裏側に凹のスナップボタンをつける

この型紙で作りました

フリルタイの型紙

いるもの

□ 表生地 50cm
□ スナップボタン
□ 生地の色にあった糸

オススメの生地

裏表で生地の色合いや光沢の変わらない生地がオススメです

TCブロード
ポリエステルがはいっているのでしわになりにくい
薄くて縫いやすい。光沢はない。

ポリエステルアムンゼン
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真のタイはアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。