ノータックスラックスの作り方

ノータックスラックスの型紙を見る

サイズを微調整したい場合

一人で股下を測れない時

画像の色の説明

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

接着芯について

接着芯は貼る時に縮むので型紙より1cmほど大きく切って布に重ねる。

布は芯より1cm大きく切ればアイロンをかけるときに接着剤がアイロン台につかないので汚れません。
厚い内は接着剤がとけているので触ると接着力が落ちるので完全に冷えてから型紙を写して切ってください。

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。

ポケット


後ポケット手前を切込みの所で山折りする。
アイロンで折り目を付ける。

布はしのほつれどめ

型紙のサイズアップ

ズボンの前と後ろの区別が付かなくなったら?

股ぐり(しの字の所)が浅いほうが前、深いほうが後です。

ダーツ

ダーツ(立体にする為のつまみ)のあるデザインのものはダーツを縫う。

ダーツのVの字の線同士が会うように折り、印の上を縫う。


ダーツの縫い方

後ポケット

ポケットを付ける位置に印を付ける。
ポケットの穴を開ける所の裏側に補強の為に接着芯を貼る。
型紙についている縫い代の印を忘れずに写す。


雨ふた付きにする場合は先に雨ふたを作る。
2枚重ねた布が内側同士が表になるように重ね(これを中表といいます)1cmの幅で縫う。

表に返して、アイロンで形を整える。
端から5mmの所を縫う。


後ろポケット奥の生地の上に、表生地と同じ生地で切った向こう布を重ねて、端から5mmの所を縫う。
熱接着の両面テープを持っていればテープで貼ってもよい


後ポケット手前の生地の裏に型紙から線を写す。


後パンツと後ポケット手前を表同士が内側になるように重ねる。
後パンツのポケットの印と、後ポケット手前の印を合わせる。
ずれないようにしつけ糸を使って手縫いで固定する。

印から3~5mmくらい離れたところを縫う。

出来上がり線の上をしつけ糸で縫うとあとでミシンで上を縫ってしまったとき、糸を抜くのが大変になります。


ミシンで四角の印の上を縫う。

縫ったらしつけは外す。


後ろ玉縁ポケットの作り方

ハサミで赤の印の上を切る。ポケット口の中を切る。
角ぎりぎり迄切るのは難しいので、2~3㎜手前まではさみで切る。
角の縫い目の内側にリッパーを刺し、中央に向かって切ると糸を切らずにギリギリまで切れ目を入れられます。


この切り口からポケット布を裏側へひっくり返す。
アイロンで形を整える。


ポケット手前の生地の下を縫い目の所で上に折る。
ポケットの穴の上の高さと同じところに折り目を合わせて待ち針でとめる。

ポケット口の横と下の端から2mm位の所を返し縫いをせずに縫う。


表から雨ぶたを差し込む。


表にして上と横から2㎜くらいの所を縫う。


ポケット奥側をかぶせる。


後パンツを縫わないようによけてポケットだけ1㎝幅で周りを縫う



横と上を端から2mmの所を縫って雨ぶたを固定する。

ポケット布2枚一緒にほつれ止めする。

前ポケット

ズボンやスカートの前ポケットの作り方(ポケット布1枚で作る)
ズボンのポケットの部分縫いの動画です

前のまた上

https://yousai.net/nui/zubon/skinny/19.jpg

ファスナーが付く部分を避けて股の上を1㎝幅で縫う。
ファスナーはファスナーを付ける位置の長さより長いものを使ってください。
長いファスナーは切って短く出来ます。
ファスナーを付ける所の下の印の所を「あきどまり」といいます。

ファスナーを付ける

https://yousai.net/nui/zubon/skinny/10.jpg

【おさいほう】ズボンのファスナーの縫い方
ズボンの前のファスナーを縫う方法です

https://yousai.net/nui/zubon/knickerbocker/mini7.jpg

前身頃(ズボン)と後身頃(ズボン)を表が内側になるように重ねる。
脇を1㎝幅で縫う。
脇、股下の縫い方ははこの動画を参考にしてください。

https://yousai.net/nui/zubon/skinny/15.jpg

前身頃(ズボン)と後身頃(ズボン)を表が内側になるように重ねる。

脇を1cmの幅で縫う。

脇、股下の縫い方ははこの動画を参考にしてください。


一旦ズボンを広げる。

脇の縫い代を後身頃(ズボン)の方へ倒して、後身頃側に縫い代を固定するために縫い目から0.2~0.5cmの所を縫う。

ジーンズのように2本縫ってもいいですね。

https://yousai.net/nui/zubon/long/2.jpg後また上

上の図の後身頃の股の上(青い部分)同士を表同士が内側になるように重ねる。

後の股の上を1cm幅で縫う。

https://yousai.net/nui/zubon/skinny/16.jpgまたの下

2枚の生地の真ん中を持って横に広げる。
これだけでズボンの形になります。


股の下を返し縫いをして1㎝幅で縫う


ウエストベルトの縫い方

ウエストベルト

https://yousai.net/nui/zubon/skinny/12.jpg

長方形のウエストベルトの縫い方
家庭用ミシンで作るズボンやスカートのウエストベルトの縫い方

ベルトループ(ベルト通し)


アイロンで両端を裏側に折る。
両端2~3mmの所を縫う。

裏を上にして縫う位置より1cm下にベルトループを置く。
端から1cmの所を縫う。


ベルトの表が見えるようにベルトループを下に折る。
ベルトには厚みがあるので、少したるむ程度端を折って重ねる。
端から0.2cm位のところを縫う。

ベルト通しはお好みで数をかえてつける。

すそ

https://yousai.net/nui/zubon/skinny/17.jpg

アイロンですその縫い代を2cm裏側へ折る。

1.5cm幅で縫う。


カギホックかボタンホールを開けてボタンを付ける。

うさこ
完成です

ゴムパンツの縫い方


ツータックのパンツに改造したい場合

ダーツ(立体にするためのつまみ)をタックに置き換えてください。

すでにダーツが1つあるのでもう一つ分追加します。

足すタックの量は前は2cm、後は1.5cmです。(左の図の赤い線)

1cmの深さのタックにする場合は2cm必要なので
前は脇を2cm広くしてください。
後は2.5cm脇を出してください。
前だけタックで後はダーツという服もあります。

この型紙で作りました

シンプルロングパンツの型紙

いるもの

□ 表生地
□ フラットニットファスナー(エフロンファスナー)20cm
□ 接着芯 90㎝幅で30cm
□ 生地にあった色の糸

オススメの生地

ポリエステルツイル
斜めの折り模様のある中厚地の生地。
ポリエステルなのでしわになりにくい。
ツイルは布の織り方の名前なので繊維の太さや加工によって特徴が変わるので、一度サンプル取り寄せするのがオススメです

綿 ツイル
どこの手芸店でも手に入りやすい生地で縫いやすいです。
綿100%なのでどうしてもシワが入りやすいです。

ズボンに裏地をつける方法

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。