【おさいほう】簡単ビキニのブラジャーの作り方


福岡の洋裁教室で生徒さんがドール用の水着を作りたいとの事で、生徒さんのイメージをお伺いして最も簡単に作れる方法を提案させていただきました。

長方形で作れるのでとっても簡単ですよ。

写真 杉苔の空さん (ヴォーグ学園天校の生徒さん)

サイズを測る

アンダーバストをメジャーで測る。

胸の一番高い位置を上から下まで測る=A
覆う部分を減らしたい方は覆いたい部分の高さを測る=B

布を切る

生地は必ず横に伸びる生地(レオタード生地/1WAYか2WAY)を使ってください

ドールサイズ
横 = A+4cm
縦 = B+2cm

人間サイズ

横 = A+7~20cm(バストサイズによる)
縦 = B+2cm

の長方形に切る(縫い代は含まれています)

人間用は先に+20cmの方で切ってあとで調整する。

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

生地にに模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

表  


上下を1cm裏に折って7mmくらいの所を縫う。

ギャザーを寄せる

4等分にしてギャザーを縦に入れてください


糸を引っ張って縮る。
どれくらい縮めるかは体に当てて決める

縮めたら取れないように上から直線縫いをして固定する。

両端はたたんだときのヒダが綺麗に見えるように手で生地をたたんで仕付け糸で縫って固定する。

後の処理

よく伸びる生地の場合

表が内側になるように半分に折って端から手縫いで1cmの所を縫う。

試着して胸に当ててゆるければ縫い代2cmよけて長い分を印をつける。

体から外して長い分まっすぐに切る。
きつくない程度に体にピッタリするぐらいが良いです。


ヒダをたたんだ状態で端から1cmの所を縫う。

まっすぐ縫う方法

伸びの少ない生地の場合

ブラの両端の縫い代を1cm裏に折って、7mmくらいの所を縫う。


左右の端にスプリングホックをつけて、普通のブラジャーのように後で外して着替えられるようにしてください。
ちょっとしたコツで簡単キレイにスプリングホックを付ける方法
ワンタッチで付け外しが出来る便利なスナップボタンの付け方です。 新しく服を作るときや、古くなって糸がほどけてきたスナップボタンの付け直しなどにお役に立つとおもいます。

スプリングホックが直接体に当たるのが嫌な場合はスプリングホックの下に持ち出しというパーツをつけてください。


あまった布を

横 5cm
縦 ヒダを入れたブラの高さ+2㎝
の長方形に切る。
表側同士が内側になるように縦半分に折る。
上下を1㎝で縫う。
表にひっくり返す。
端から5mmの所を縫う。


折り山のほうがブラの外側になるように持ち出しをブラの下に1cm重ねる。
(引っ掛けられるほうの金具の下に敷く)

裏からまつり縫いをして固定する。