現在ヤフーの動画配信ページがサービスを終了したため、一部動画が表示されないページがございます。youtubeに移行しておりますので少々お待ちください。こちらは報告は不要です。

【おさいほう】ノースリーブのギャザーワンピースの縫い方

ノースリーブのギャザーワンピースの型紙を見る

印刷用説明書ダウンロード

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼ってください。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

画像の色の説明

 接着芯

ほつれ止めをする

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
指定された場所の裏に接着芯を付けてください。
くわしくは縫う前の下準備を参照してください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

脇を縫う

前中心と前脇を表同士が内側になるように重ねる。

1cm幅で縫う。

https://yousai.net//sakuhin/1/kiso/waru1.jpg

縫い代は左右に折ってください。
洋裁用語で割るといいます。

ダーツを縫う

後身頃(胴体部分)のダーツ(立体にするためのつまみ)を縫って下さい。

ダーツが半分になるように縦に折り、型紙から印を写した線の所を縫って下さい。

見返しを縫う

表身頃と見返しを表同士が内側になるように重ねて下さい。

腕のカーブと首のカーブを縫って下さい。

切り込みをいれる

縫い代を5mmに切り落とし、縫い目を切らないように切込みを入れる。

入れないとひっくり返したときに引きつります。

表に返す

前身頃だけ表にひっくり返して形を整える。


前身頃と後ろ身頃の表同士が内側になるように後身頃を前身ごろにかぶせる。


https://yousai.net//sakuhin/1/kiso/waru1.jpg

首と腕(うで)のカーブの縫い代は左右に折る。

肩を1cm幅で縫う。

後ろ身頃と見返しで、前身頃をはさむような感じです。

アイロンで形を整える

表側にひっくり返してアイロンで形を整える。

ギャザーを寄せる

スカートのウエストの縫い代をギャザー縫いする。

後ろ身頃とスカートの縫い方

後スカートのファスナーを付ける位置から下を縫う

ピンクの印の所を「あきどまり」といいます。

https://yousai.net//sakuhin/1/kiso/waru1.jpg

ここも縫い代は左右に折ってください。

表を上にしたスカートに後身頃を裏を上にして重ねてください。

縫い代は上側へ折ってください。

縫い代を身頃側に折って、表から縫い代を縫って固定してください。

コンシールファスナーをつける

見返しをよけて後中心にファスナーをつけてください。

コンシールファスナーの縫い方

普通のファスナーにしたい場合はこちら

前身頃とスカートの縫い方

前身頃を前スカートに合わせて縫う。

身頃を起こして縫い代を押さえるために表から縫う。

縫い代は見頃側に折ってください。

前身頃と後ろ身頃を縫う

前見頃と後見頃を表同士が内側になるように重ねて肩と脇を縫う。

https://yousai.net//sakuhin/1/kiso/waru1.jpg


アイロンで縫い代を左右に折ってください。

見返しを上に上げます。

ファスナーを裏に折ってください。

見返しを裏へかぶせてください。

アイロンをかけて形を固定してください。


えりの端から5mmの所を縫って見返しを固定してください。

裏返して見返しを手縫いでまつり縫いをしてください。

袖を縫う

そでの端から5mmの所を縫う

スカートの裾を縫う


すそを縫う。

すそをあげるときスカートのすそがカーブしていると、カーブの弧は内側と外側では長さが異なるので、折りあげた時端がだぶついてしまいます。

そのため、すそから5mm位の所にギャザーを寄せて大きなしわが入らない程度に縮めながら、アイロンで縫い代を折って行きます。

アイロンで折り目を付けてからミシンで縫う。

初心者でもすそをきれいに縫うコツ

カーブのきついすそはしわがよっちゃう!きれいにすそを折るのが難しいという方はこちら

【おさいほう】綺麗に裾上げをする方法
スカートやズボンを縫おうとするとしわが入ったりよじれたりします。 それを簡単に綺麗に縫う方法です

かぎホックをつける

カギホックを付けてください。

カギホックの付け方

仕上げに縫い代にしっかりアイロンをかけて完成です。
仕上げのアイロンはしわをのばすよりも、縫い代にしっかり折り目をつけることが重要です。

この型紙で作れます

ノースリーブのギャザーワンピースの型紙

いるもの

□ 表生地
□ 接着芯
□ コンシールファスナー52cm以上のもの
□ カギホック1組

オススメの生地

綿シーチング
柔らかい綿100%の生地。肌触りがよく縫いやすく、色柄が多いです
おうちでしっかりアイロンをかけていくなら、素敵なものが作れます。ただし透けやすいので下にペチコートやスリップドレスが必須です。
ポリエステルサテン パーティードレスや、発表会のお洋服など、やわらかいドレープ(ひだ)のお洋服を作りたいならサテンで作ってもかわいいですね。光沢が強すぎる場合は上に一枚オーガンジーを重ねて作ってもいいかもしれません。

ポリエステルアムンゼン・シルデューデシン 
柔らかくドレープ感のあるデザインに向いています。
写真の洋服はアムンゼンで作ってあります
化繊なので軽く、しわが入りにくいです。
ポリエステルツイ ルより軽いです。
ややテロテロしているので裁断のとき少しずれやすいです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするのでこの方法で確認すると確実です。
布を切るときの効率的な配置も分かるのでお勧めです。

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。