【おさいほう】洋服に縁取りのある穴を開ける方法

胸元が開いたデザインの場合

バイアスで包もうとするとカーブがキツくてしわが入ったりして汚くなりますよね。

くりぬきたい形に紙を切って型紙を作ってください

型紙を別の紙に写して1cm大きな型紙を作ってください

縫い代つきの型紙より少し大きめに接着芯を切る

布の裏に接着芯を貼って縫い代つきの型紙を写して切る。

フチをつける場合

縫い代のないほうの型紙を身頃(胴体)の裏側に重ねて写してください。

水で消えない鉛筆等を使う。
ボールペンはにじむものがあるので注意。

線の上に伸び止めテープか接着芯を細く切ったものを用意してください。
図のように線より外側に芯が来るように重ねてアイロンで貼る。

(1~2㎜線に重なるくらいのほうがほつれにくくなります。

ほつれどめ液があれば線の上を5mm幅くらいに塗る。

乾かしてから1mm大きめに切り抜く。
(縁取りからはみ出さないようにするため)

素肌を見えないようにしたい場合は肌色のニットを縫い代つきの型紙で切る。

先に線を写して、ほつれどめ液を塗って、乾かしてから切ると綺麗に切れます。
熱接着テープがあれば、それを貼って固定します。
ない場合は仕付け糸で2cmくらいの大きい縫い目でいいので塗って固定します

縫い代つきの型紙で裏に接着芯を貼った布か合皮を切る。

1cm内側をくりぬいてください

フチの生地を重ね端から2mmくらいのところを縫う。