【おさいほう】全身タイツに筋肉のスジを作る改造

細マッチョ(前胴体のみ)の改造方法です。

縫い目が表に出ないようにと考えて作ったものです。
バキバキじゃなくて細いのに腹筋割れてるイメージの作り方です。

全身タイツの型紙を見る

筋肉テンプレート

型紙をくりぬく

筋肉テンプレートをくりぬいてください。

体に当てて筋肉の位置を確認する。

胸の大きさで位置がずれると思うので、チューブトップなどで軽く胸を押さえてから体に当ててください。

作りたいキャラによって筋肉の形が異なると思うので、鏡を見ながら、もう少し下げようとか、もうちょっと上にしようとか、あくまで目安程度にご利用ください。

両方くりぬくのは面倒だと思うので、右か左どちらか半分だけ切る。

写すときに型紙を裏返せば左右対称に写せます

線で写したいときはポンチや目打ち、キリなどで穴を開けて写します。

筋肉の線を写す

ニットはズレやすいので、細かい目の紙やすりを下に敷いて作業すると、ずれずに良いです。

一度体に当てて確認してみてください。

レオタード生地は伸びるので、実際に体に当てたら筋肉の高さがずれる場合が考えられるので、その場合は修正する。

男女の体格の比較

リアルな男性と女性の3Dモデルを同じ身長にして重ねて、ラインをトレースしたものです。

重ねて比較してみると、男装するには女性はつぶすのではなく、盛るほうが男性的になります

この3Dの男性は筋肉質ではなく、基準体型です。

女性は胸があるので、胸を押さえれば、胸を胸筋にすることが出来るのですが、不足しているのは鎖骨から胸の頂点に向けてと、胸の下から胴回りだということがわかりますね