【おさいほう】ホルターネックの縫い方

ホルターネックの型紙

印刷用説明書ダウンロード

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画を読むのをオススメします♪
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼る。
お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽ですよ。

ほつれどめをする

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。

画像の色の説明

ニットの縫い方について

このデザインは伸びる生地を使用してください。

よく伸びるニットの縫い方

普通の縫い方だと糸が切れるので ニット用のレジロン糸を購入してください

図のような三本線の柄を選択上糸の調子を強めにして縫う

これだとかなりの伸縮でも耐えます。

お試しください

ニットの縫い方

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法


身頃(胴体部分)の首の縫い代に接着芯を貼る。


前後の身頃と見返しのすそをほつれどめしてください。


見返しを内側が表になるように折って、後中心を縫う。

縫い代は左右に折る。


首の縫い代を縫う。

縫い代は左右に折る。


すその縫い代を裏へ折って、1.5cmの所を縫う。

ゴムを入れるため2cm開けておいてください。
ほつれないように縫いはじめと終わりは必ず3針程度往復して返し縫いしてください。


表生地の前身頃と後身頃を表が内側になるように重ねる。

脇を縫う。

2枚一緒にほつれどめしてください。


首を縫う。

縫い代は左右に折る。


見返しと身頃が表同士が内側になるように重ねる。

図のように縫い代を縫う。

首のカーブは縫わないでください。


見返しを身頃の中に入れて、端から1cmの所を縫う。

ゴムを入れるために1.5cmほど開けておいてください。


えりを縫う

表が内側になるように折り、縫い代を縫う。

表が見えるように半分に折る。


えりを二つ折りしたまま身頃に重ねる。

身頃のえりの後の縫い目とえりの縫い目の位置を合わせる。

えりは折り山が外側に来るように重ねる。
(えりと首は切り口側を合わせる)


えりと身頃のはしをほつれどめしてください。


すその縫い代を裏へ折り、1.5cmの所を縫う。
ゴムを入れるため、2cmあけておいてください。


ゴムを入れて、くるしくない長さで結ぶか、縫ってゴムを輪にする。
使用するゴムによって、伸縮の強さが違います、

一旦ゴムを長めに切り、実際に試着してゴムの長さを決めるのがいいと思います。

伸縮が少なめのニットの生地の場合

伸びが悪いのでえりを首の後ろで開くようにします。

持ち出しというパーツを縦に折って上下の縫い代を縫う。

表側にひっくり返し、周りを端から0.5cmの所を縫う。


表にしたえりの生地上に持ち出しを重ねる。
持ち出しの布端とえりの端を合わせる。

端から0.5cmの所を縫う。

水色の線はえりの真ん中の目安です


えりを表が内側になるように折り、両端の縫い代を縫う。


表側にひっくり返して形を整えてください。


後中心にえりの両端が来るように身頃の表側に重ねて縫う。


えりと身頃のえりくびを一緒にほつれどめしてください


スナップボタンをつける


この型紙で作りました

ホルターネックの型紙

いるもの

□ 表生地
□ 接着芯

オススメの生地


ストレッチエナメル テカテカした光沢のある伸縮のある合皮

ストレッチレザー つやのあるものからつやのない渋いものも。

一方向の伸縮のものや、レオタード生地のような伸縮はないものが多い

2WAY レオタード生地とも呼ばれる。 縦横に伸びる生地
タイツの部分は必ず2WAYを使ってください

伸縮のあるニット生地を使用してください。

スムース
程よく伸びて柔らかいニットです

フライス

縦に編みで線が入ったような生地で、よく伸びます。

天竺

Tシャツ等に使われる生地で3つの中では伸びにくいニットです

特にえりなど斜め方向にカットしてあるところは伸びやすいので縫っている最中に、生地がふよふよと波打つように伸びてしまうものもあります。

そのため伸びて波打って欲しくない場所には1cm程度に切った接着芯を切ったあとに貼っておくと型崩れせず綺麗に仕上がる。

伸びる素材の生地には必ずニット用の糸をお使いください

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするので何十通りの布の量をここに書くわけにも行きませんからね