【おさいほう】270度のスカートに針金を入れてみました

太さ3mmのアルミの針金が入っています。
これより細いとすぐに曲がってしまい形がくずれるようです。
パニエなしでも針金だけでこれくらいは広がります。
生地の重さにも左右されます。

針金で山型に広げたい場合は270度以下で作ること。
全円はまっ平らにした状態で円になるので、スカート状にするとヒダが出来ます。

針金を入れた場合ヒダをたたまないといけないので、全円だと図のように綺麗に広がりません

おわんを伏せたシルエットにしたい場合はパニエを使ったほうがいいでしょう。

針金を曲げてみた

中のアルミを曲げてみました
曲げることで張りが弱くなるので形の保持がより保ちにくくなります。
なので細かく曲げたい場合は少し太めのものを使い、パニエと合わせて使うといいと思います。

針金一部だけ

後半分等、一部だけに針金を入れると、入れていない部分の支えがないので、針金のない部分に向かって寄っていきます。

そこで園芸用の柵で工夫をしている方がいらっしゃったので、許可を頂いて紹介させていただきます

つなぐ道具は結束バンドを使用しているのだそうです。

ワンピース


ワンピースのすそに入れてみたもの
左は針金なし、右は針金あり
ただしすそのボリュームが多いと内側に戻ろうと力が掛かって前身頃が重なったりしやすいのでイベント前に試着して確認してください
印刷
このページを印刷する  
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー