【おさいほう】 肩だしスモックの作り方

印刷用説明書ダウンロード

縫い方

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

服のつくり方なんてさっぱりという方は洋裁漫画をサラッと読んでおくといいかも

縫う前に行う洋服作りの下準備
洋服を作る前に行う型紙の貼り合わせや地直し、印しつけなどの下準備
【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず
【おさいほう漫画】接着芯の貼り方
後で接着芯を貼るとアイロン台に接着剤がついて汚れたりしやすいので先に貼るのがオススメだよ

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
えりの裏に接着芯を貼る。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

表  

布はしのほつれどめ

型紙の線の意味

カーブの衿を使うとえりが狭いデザインに。
四角いえりの型紙を使うと肩を出すデザインで作れます。
四角いえりは必ず伸びる生地、リブニットや2WAYなどを使う。

カーブのえりの型紙について

別に裏地で作らずに表と同じ生地で作って問題はありません。
表生地が厚すぎる場合は裏側のえりを薄い生地にしても良いです。

後と前の襟を2枚ずつ切る



そでは丈の長いほうの線とカフスを使うと長そでになります。
丈の短いほうで作ると半そでになります。

ほつれ止めをする

みごろのすそとそで口にほつれ止めをする。
普通の生地の場合は縫う前の下準備で説明しています。


https://yousai.net/machine/img/ziguzagu.jpg

ニットのほつれ止めは左のように点線のジグザグを選んでください。
裁断した全てのパーツの端をほつれどめをしてください。

よく伸びるニットの縫い方。


普通の縫い方だと糸が切れるので レジロン(ニット用の伸びる糸)を購入してください。

図のような三本線の柄を選択上糸の調子を強めにして縫う。

これだとかなりの伸縮でも耐えます。

あまり伸びないTシャツ生地だと右隣の雷状の伸縮縫いという機能が使えればこちらを使うといいですよ。

ニットを使う場合は、伸びる生地なので縫っているとどんどん伸びたりずれたりして長さが合わなくなったり、べろべろに伸びたりします。
そこでセロファンを布と押えの間にはさむと、伸びやズレが減ります。