手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 裏なしテーラードジャケットの作り方

テーラードカラーの縫い方。

Translate

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
型紙に指定されたパーツの裏に接着芯を付けてください

くわしくは縫う前の下準備を参照してください

表  

接着芯



今日買って明日届くキャラヌノ
キャラヌノ

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ



後えりに見返しをつけない方法のテーラードカラーの縫い方動画
 http://yousai.net//sakuhin/1/body/simple/shoulder.jpg  身頃と後ろ身頃を表同士が内側になるようにあわせて、肩を縫ってください。

縫い代は左右に広げてください

http://yousai.net//sakuhin/1/kiso/waru1.jpgこれをお裁縫の用語で割るといいます。

ざっくり切った生地より気持ち小さめに切った接着芯を貼ってください。
(接着芯がはみ出ると、アイロン台にのりがつくので注意してください)

そして、接着芯がついて、生地が冷めたら、型紙を写して、裁断した後、ほつれ止めをしてください。(※写真はサンプルなのでほつれ止めは省いてます)

衿の型紙の線の交点と、後中心と、肩縫いが来る位置に印をつけてください。
接着芯をつけたらえりにしるしを入れてください。
消えるチャコペンや、表に響かないペンなどで型紙を重ね、上の図であけた穴の所に印をつけます。裏側は、縫いやすいよう交わるように出来上がり線を図のように引いておくと綺麗に縫えます。
※見返しにつくほうが表衿になります(折り返して表に来るので)
身頃のえりの所の印はとても大事なので必ず印をつけてください。
../../sakuhin/1/body/jacket/eri7.jpg そのままだとえりぐりを縫うとき引きつってしまいますので、前身頃の縫い代に縫い目を切らないよう気持ち7〜8mm切込みを入れてください。

切込みを入れる場所は後ろのえり首のカーブのところ前身頃と見返しの型紙に

印のあるところの縫い代に切込みを入れてください。
 (洋裁工房の場合この印)
(8〜9mm)
この模様は切込みではなく点で印を入れてください。

えりの印と、身頃の位置があうように、真上からまっすぐ針を刺し、固定してください.
 

縫い始めは手動で、丁度交点に針が落ちるようにミシン針をおろして縫い始めてください。
縫い終わりも縫いすぎないよう注意して、スピードを落とすか、手動でぴったり交点まで縫ってください。

縫いなれていない人は、ミシンで縫う出来上がり線より2〜3mm離れた所(青い線)を手縫いで縫っておくと、縫いやすいです。

(ミシンで縫うときにずれないようにあらかじめ手縫いすることをしつけをするといいます)

1)
2)
1) 首の横から後ろを縫います(赤い線の部分) 
ここも、ミシンで縫うラインより2〜3mm離れた所をしつけ糸で手縫いしてください。
それからミシンで縫うと綺麗に縫いやすいですよ。

出来るだけずれたりしないように角がきちっと合うように縫ってください。
これが重なったりずれたりすると表から見たとき引きつったように見えたりします。

2)余分な生地を縫いこんだりしないように、図のように生地をたたんで、出来るだけまっすぐな状態にして縫うと綺麗に縫えます。

カーブの所は引きつったり重なりが出てきごこちが悪くなりやすいので、ぬいしろに浅く切込みをいれてください。
アイロンで縫い代を左右に折ってください。
見返しににも同様にえりをつけてください。

※見返しは前だけです。

縫い代を左右に折ってください。

見返しにえりをつけたら表同士が内側になるように重ねてください。

身頃と見返しを重ねてください。

えりは図のように折り返すので、布の厚み分表と裏のえりではずれが出ます。

そのえりのずれの調整をします。

えりにピンを刺すとき緑の区間は均等にさしてください。

赤と青の区間は見返し側のえりを2mmほど内側にずらして縫ってください。

しわにならないようにずらした分を均等に分散させて、細かくピンで固定してください。
ずらしたぶん生地にダブつきが出きますが、それで正解です。

ずれないようにしつけ糸でミシンで縫う場所より2〜3mm離れたところを縫ってください。
しつけをしたらピンははずしてください。

えりの縫い代を縫い込まないようによけて、えりの両端を縫ってください。

縫うときは緩みを入れたほう(見返し側)のえりを下にして縫うと綺麗に縫いやすいです。

えりの上を縫ってください。
見返しの先からえりの境目までを縫ってください。

そして、最初に衿を縫った線と、合体するように縫ってください。
この時もえりの縫い代を縫いこまないように注意して、縫い代をよけておきましょう。

角のところはミシンに馴れていない人だとぴったりと合わせるのが難しいです。

なので5o手前までミシンで縫ってギリギリまで手縫いするほうが簡単で綺麗に仕上がるかもしれません。

前中心を縫ってください。

表替えした時、角が引きつりますので、図の青い部分に縫い糸を切らない程度切込みを入れてください。

表がえす時に先が厚くならないように、縫い目から2mm離れた角を切り落としてください。

すその縫い代の厚みを減らすため前身頃の中心側と見返しのすそを縫い代1cm残して切ってください。

切る範囲は型紙に書いています。

表側にひっくりかえしてください。
端から5mmの所をミシンで縫ってください。

(表から見える所を縫う事をステッチをかけると言います。)

えりを閉じてください。

えりは半分折り返しますから、厚み分表に見えるえりと、裏に隠れるえりの長さが変わってきます。

青い線と黄緑の線だと青の線のほうが外側の分長さが必要というのは分かりますか?

そのため型紙通りにえりの縫い代を折って縫うと引きつってしまうのです。

なので、自然なカーブになるように出来上がり通りにえりを折って、ピンで固定します。

そして、えりの縫い代を折って内側に入れ、手縫いで縫って行くと綺麗に仕上がります

見返しもえりと同様折り返しがありますから、えり同様裏側へ見返しを折ったままピンを刺してください。

手縫いでまつり縫いをして見返しを固定してください。
まつり縫いのしかた


テーラードジャケット

関連型紙


テーラードジャケット(男装用)


Wのテーラードジャケットフェミニンタイプ

どんな生地を買ったらいいのか分からない方へ

ツイル
とりあえず安くて縫いやすいものをという方にはこちらをおすすめします。
中厚地の生地なので縫いやすいです。
市販の綿パンツは大体この生地を使っていることが多いです。

ポリエステルツイル
写真の衣装に実際に使用したのは↑こちらのポリエステルツイルです。
厚みがありかっちり仕上がります

★★★★★★★★★★★★★★
テーラードカラーの形を改造する方法

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト