手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング >
布端のほつれ止め

translate

ジグザグで縫う

 端の始末は普通のミシンならばジグザグ縫いというものがついていると思いますので、それをご利用ください。
 ジグザグ縫いのふり幅(横幅)を最大にし、縫い目の長さ(たて)を2から1.5ミリ位に設定して下さい。



布印刷
Contrado.jp

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


 そして布の裁ち目(切った所)が押え金の中央に来るように置いて下さい。
 そうして縫っていくと、左右に針が振れながら縫っていくと思います。
 その時右に針が落ちた時布からはみ出していると思いますが、気にせず縫ってください。
 実ははみ出した右側が布を包み込む役割をし、ほつれを止めるのです。
 こうすればロックミシンなくてもホツレ止めが出来ますよ。
バイアスを縫う

もっといろんなバイアステープの縫い方動画を見る

 バイアスは伸ばしながら縫ってはいけません。
 大体カーブとかにバイアスをつける場合、狭い方を先に縫うと思うので、ここで伸ばすとあとで,広い方がバイアスがきつくなってしまうと思います。
 裏を落とさない手段としては,やや表を狭目にして裏(ミシンで置いた時下に来る方を広めにしておくと裏が落ちにくいです。
 平面につける場合は(帽子の内側にしてあるみたいに)実は、ミシンというのは(バイアスに限らず厚物等)待ち針をさすとずれる傾向があります。(厚みでずれる)
 そこで、縫い始めの数針縫ったら待ち針は全部とって構いません。
 ミシンを止める時、必ず針が布に刺さった状態で止めれば布がずれる事はありませんから少しずつゆっくり縫っていけば意外と、待ち針刺すより綺麗に縫えます。(真っ直ぐ縫うコツも参照するとより縫いやすいです)
 さらにステッチ押さえが付属でついているミシンも多いので(金具と白のプラスティックで出来た、台形の形をした押え)それを利用すると更に綺麗に縫えます。
布端と、バイアスを中表にあわせる。
バイアスの折り目よりやや内側(右側)を縫う。
布端を包むように折る。
ここでやや裏を広めにすると縫い目が落ちる心配が減ります。
バイアスの上kから縫ってください。

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画 洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト