手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 人服 > エプロン > フリフリエプロンの縫い方

フリフリエプロンの作り方



ワンピースの型紙

フリフリエプロンの型紙

←こんなエプロンができます

尚数字は大まかなので、布を切る前に、試しに体格に合わせて紙を折りたたんだものをあわせてみて、調節してみてください。
(単純な形なので、サイズ変更がそう難しくないと思います)

この生地のおすすめは T/Cブロード です。
シワが入りにくいのでお洗濯のあとのお手入れが楽です。

特にギャザーの入った服ってアイロンかけにくいですよね?
シーチングとか綿100%の服ってすぐシワだらけになりませんか?

T/Cブロード なら、洗濯後、ギャザーを均等に鳴らして、平らな所で平干しすれば、大きなシワもなく、アイロンがけの手間も減りますよ♪



布印刷
Contrado.jp

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


服を作るために必要な長さをメジャーで測って決めてください。

実際にエプロンを着る服、もしくは、同じくらいの厚さの服を着た状態で測ると、厚みの計算をせずにすみます。

ぴったりに作ると筋肉の収縮で苦しくなりますからね。

胸当て。
裏側に接着芯を貼ってから2枚切ってください
下の中央に印をつけてください。
A=上ではかったウエストの長さ
裏側に先に接着芯を貼ってから切ってください。
はると見栄えが良くなります。
上下に4等分の印をつけてください。(紫のところ)

1枚切ってください

接着芯を貼ってから切ってください。

B=上で図った肩紐の長さ。

あとで微調整できるようちょっと長めに計算しています。

2枚切ってください

真ん中に印をつけてください。(紫のところ)

C=上ではかった前掛けの長さ

F=布の横の幅そのまま全部使うか、110cm
上下4等分の印をつけてください(紫のところ)

1枚切ってください

D=布の横の幅そのまま全部使うか、110cm

E=好みのフリルの幅+2.5cm。
ウエストベルトB、前掛け、裾フリルは、生地の横幅をそのまま全て使います。

2枚切ってください。

真ん中に印をつけてください。(紫のところ)

F=布の横の幅そのまま全部使うか、110cm。

G=好みのフリルの幅+2cm。

2枚切ってください。

真ん中に印をつけてください。(紫のところ)

F=F=布の横の幅そのまま全部使って切った後、実際に後で結んでみて好みの長さに調整してください。

2枚切ってください

縫い方

表  

接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをする。
指定された所の裏に接着芯を付ける

くわしくは縫う前の下準備を参照

布はしのほつれどめ
2枚の前当てを内側が表になるように合わせ図の赤い部分を縫い、表に返します。
表替えして端から5mmの所を縫う
肩紐、ウエストベルトA・Bを下記のようにアイロンで折り目をつける。
アイロンで縫い代を折る。
縦半分に折りアイロンを掛け出来上がりの幅に折り目をつける。
前掛けの後の縫い代を後ろに折って縫ってください。
裾フリルは2枚中表に重ね、片端を縫い合わせ、縫い代を左右に折ってください
両端は三つ折りにしてください。
←こういう風に3枚重なるように折るのが三つ折 肩のフリルの外側になる部分とすそのフリルの下になる部分を三つ折りにしてください。

すそのフリルは両端も三つ折りにしてください。


裾フリルと肩フリル、前掛け部分にギャザーを寄せてください

例えば手縫いしたあとの糸を引っ張るとギャザーがよりますよね。

その要領で、手縫いでも良いですし、ミシンでも構いません、上の図の赤い点線の部分にギャザーを入れてください。

実際出来上がりの縫い目の上下に2本縫って、ギャザーを寄せます。

ギャザーの縫い方
壱)
 弐)
壱) ギャザーを寄せた前掛け部分を、ウエストベルトに中表に縫い付ける。

弐) 同様に肩紐にも肩フリルを縫い付ける。

前掛けの裾に、裾フリルを縫い合わせる。
フリルを起こして、端から2〜5mmの所を縫ってください。
ウエストベルトの両端にウエストベルト(結び紐)を図のように縫ってください
断面図(1)

(2)
(1)ウエストベルト(結び紐)の端を図のように折って、くの字に縫う
(1p残して余分な縫い代は切り落としてください)
(2)表替えして端から5mmの所を縫う。
(い) (ろ) (い) 肩紐の端は図のように折り返し、裏から端を縫い、

(ろ) 表替えし端から5mmの所を縫う。

前掛けの上に肩紐を1cm重ねます。
前掛けと肩紐の境から5mmのところを縫う
胸当てと前掛け部分の中心を合わせ、ウエストベルトの下に胸当てを重ね縫い付ける。

(取り外しできるようにしたい場合は、スナップボタンやマジックテープをつけると良い)



肩紐の端とウエストベルトBのお好みの場所にスナップボタンをつける

スナップの位置により交差させたり、そのままにしたりお好みに出来ます。(交差させる時は肩紐の長さを決める時、メジャーでクロスする位置の長さをはかりましょう)

直線ばかりで出来るので ロータリーカッター があると早いですよ〜!
カッティングマット とあわせて使って下さいね。
クロバーのロータリーカッターはロックがきくので、カバーをしなくていいので、使いやすいですよ。

薄手の生地が向いていると思います。
TCブロードだとシワが入りにくいですよ。

フリフリエプロンの型紙フリフリエプロンの型紙

そのほかのエプロンの型紙

エプロンドレスの型紙エプロンドレスの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画

洋裁動画

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト