【おさいほう】半そでパフスリーブの型紙の作り方

表  

接着芯

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
見返しとえりとカフスと持ち出しの裏に接着芯を付ける

くわしくは縫う前の下準備を参照

布はしのほつれどめ

半そでパフスリーブの型紙

http://yousai.net/sakuhin/img/design/blouse/blouse2.jpg

半そでパフスリーブの型紙

※縫い代は省略しています。
改造する場所の縫い代は外し、改造してから再度縫い代を付け直してください。

1)型紙のそでを用意。

2)そでの袖山のそこを結ぶ線(水色)に平行に線を引く。線A

図は5cmと書いていますが、お好みで長さは変えてください。

3)線Aで切る。
そでやまの頂点(印があります)から線Aに向かって線を引く。
このとき線Bと線Aは直角に交わるように線を引く。

4)線Bで型紙を左右に開く。
パフ部分に上下ともギャザーをたっぷり入れたい場合は、角度を少なめに。
肩山のほうを少なめにしたい場合は角度をきつめにします。

5)線Cの長さが線Aに対し1.5~2倍になるようにする。
はぎれを線Cと同じくらいの長さに切ってギャザーを寄せてみて分量を実際に見て決めるのが、感覚で量が決められると思います。

6)線Dは線Bより5cm以上長めにする。
ボリュームが出る分横方向へ広がるので長さが足りなくなるので、その分を足すために、5cm以上長めにする。

そでやまの線は両端、5cmは元のラインをなぞるようにし、後はフリーハンドで。

こんな感じで切って広げて、隙間は下に紙を重ねてテープで貼り付けて固定する。

そで口はメジャーなどで好みの大きさを決める

二の腕に直接メジャーをまいて、ニットなど伸びる生地であればぴったり~1~3cm大き目で。
伸びない生地は3cm~大きめにするとよい。=

生地の余ったところでバイアステープをつくり縫い付ける。

横 = +2cm(縫い代)

縦 =[好みの幅+1cm(縫い代)]×2 二つ折りにして使うので、×2になります

パフスリーブにする

1 そでの型紙を用意する

2 短くする

3 そでやまのところから二つに切る

4 下を広げる
これだけでそで口のボリュームが増える

5 左右に広げる
全体のボリュームが増える。
広げる量はデザインによって異なるので布を腕に当てて好みのボリュームを決めてください

6 縦のボリュームを追加する

ボリュームが増えると図のように縦の長さも増えるので型紙を体に当てながらあと○cm欲しいなあという感じを確認して長さを足す。

なだらかになるように線をつなぐ。

のばした分はギャザーを寄せて縮めて、身頃(胴体)につける。

カフスをつける場合は二の腕にメジャーを巻いてはかる。

最低指2本入る程度の余裕を入れないと、腕を曲げ伸ばししたときの筋肉の収縮でくいこむ。

もっと多くてもいいよ。

カフスの高さはお好みで。

二つ折にするので横、縦二つ分の四角をかいて、周りに縫い代1cmをつける。

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする