【おさいほう】全身タイツに筋肉のスジを作る改造

細マッチョ(前胴体のみ)の改造方法です。

縫い目が表に出ないようにと考えて作ったものです。
バキバキじゃなくて細いのに腹筋割れてるイメージの作り方です。

この型紙を使用しました

全身タイツ全身タイツの型紙

改造用型紙 筋肉テンプレート ※婦人用

型紙をくりぬく

筋肉テンプレートをくりぬいてください。

体に当てて筋肉の位置を確認してください。

胸の大きさで位置がずれると思うので、チューブトップなどで軽く胸を押さえてから体に当ててください。

作りたいキャラによって筋肉の形が異なると思うので、鏡を見ながら、もう少し下げようとか、もうちょっと上にしようとか、あくまで目安程度にご利用ください。

両方くりぬくのは面倒だと思うので、右か左どちらか半分だけ切ってください。

写すときに型紙を裏返せば左右対称に写せます

線で写したいときはポンチや目打ち、キリなどで穴を開けて写します。

筋肉の線を写す

ニットはズレやすいので、細かい目の紙やすりを下に敷いて作業すると、ずれずに良いです。

一度体に当てて確認してみてください。

レオタード生地は伸びるので、実際に体に当てたら筋肉の高さがずれる場合が考えられるので、その場合は修正してください

男女の体格の比較

リアルな男性と女性の3Dモデルを同じ身長にして重ねて、ラインをトレースしたものです。

重ねて比較してみると、男装するには女性はつぶすのではなく、盛るほうが男性的になります

この3Dの男性は筋肉質ではなく、基準体型です。

女性は胸があるので、胸を押さえれば、胸を胸筋にすることが出来るのですが、不足しているのは鎖骨から胸の頂点に向けてと、胸の下から胴回りだということがわかりますね

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする