re レザー【おさいほう用語】

動物の皮を加工したもの。
皮をそのまま使用すると、腐ったり乾燥して硬くなるので、樹液とか薬品を使って腐らないようにしたり硬くならないように加工したものを革(レザー)という。

種類

動物の皮を加工したものを天然皮革

布に樹脂等を付着させて作った合成皮革

不織布に合成樹脂を染み込ませたり、塗った人工皮革
等があるそうです

家庭用ミシンでの縫い方

・押さえの圧力を弱くする


押さえの上からの力が強いと、生地が進みにくかったり、生地の裏側に送り歯の跡がついたりして、裏がぼろぼろになったりする事もあります。
・縫い目の長さを広くする


縫い目の幅が狭いと千切れやすくなったり、より進みにくくなるので、縫い目の幅を広くします。
・テフロン押さえなどのすべりのよい押さえに交換する。

摩擦で縫いにくい生地の場合テフロン加工の押さえ金に変えることで縫いやすくなったりします

・縫い始めは布の厚さで押さえが斜めになり、うまく布を後へ送りづらいので押さえの後に紙や生地をはさみ、押さえをまっすぐにする。




・エナメル調の摩擦力の強い生地は、シリコンスプレーなどを振りかけてすべりをよくする。

もしくはすべりの悪い面に紙を当てて一緒に縫う。
その後縫い目の上をつめなどで、縫い目のそばをこすると、破りやすくなるよ

レザーとかすべりが悪くて縫いづらいし、細かい縫い目になって縫い目が千切れたりするので今までシリコンスプレーを吹いていました。
シリコンスプレーを使うと摩擦が減って縫いやすくなるんです。

でもスプレーだと床まですべりが良くなって危ないんですよね。

そう思っていたら、なんと塗るシリコン剤がクロバーさんとKAWAGUCHIさんから出てました!!

これだとスプレーのように広範囲に散りませんし、針のような細いものにも効率よく塗ることが出来ますね。

関連動画

関連ページ

革の豆知識(日本タンナーズ協会)

英語表記

leather

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。

ファンになってうさこを応援する

ミシンレンタル専門店 [ミシンレンタル屋さん]