生地を伸ばさずにアイロンをかける方法

布のシワを取ったり濡れた生地を乾かしたりするのに普通に滑らせてアイロンをかけますよね。

型紙通りに切ったはずなのに長さが合わないって感じることありません?

検証してみよう


シーチングに10cmの所に印をつける。

これにアイロンをかける。


測ってみると定規の数値は10.2mm
うさこ
わずか10cmで2mmも伸びているんです!!

ワンピースとかスカートとかになると丈が70cmとか1mを超えることもあります!

加えて、織物は縦横より斜め方向がものすごく伸びる性質があります!


「縫う前にシワが入ったからアイロンかけよ~」といってスカートとか斜めの所にアイロンをすべらせると、どんどん伸びます!

そして前と後で待ち針刺して縫おうとしたら型紙通りに切ったはずなのに
長さが全然合わない!!


柄合わせしようとしたら柄の幅が違う!という事が起こったりします。
お裁縫をしたことがある方はわかるとおもいますが
長さが全然合わないって…ものすごく困るんです。
アイロンをすべらせると生地が伸びる

伸はさずにアイロンをかける方法

この対応策はとても簡単です


アイロンをかけるとき、移動させるときは持ち上げるだけ。

もしくは薄い布かクッキングペーパーを布の上に重ねてかける。
間に布や紙が入ることで生地が直接アイロンに押されて伸びるのを押さえられます。

うさこ
これだけで伸びずにすみますよ!

地直しについて

このアイロンをすべらせると伸びる性質を利用して、ゆがんだ生地を整えることができます。
これを地直しと言います

布のゆがみを取ろう! 地直し・水通し
洋裁の本とかを見ると使う前に地直しをしなさいって書いてあるけど具体的にどうなの?
印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。