水で落とせない固形のチャコの落とし方

あひる
チャコで描いた線が落ちないんだけどどうしたらいい?

うさこ
もしかして水で洗った?

実はチョークや鉛筆、シャーペンのような固形のチャコは水をかけると、しみ込んでかえって落ちにくくなるんです。
一旦濡らしてしまうとそのあとにっちもさっちもいかなくなります。
アイロンも同様です。

そこで固形のチャコを消す時は
セロファンでもメンディングでも
ガムテープでも、表面がけば立たないものであればなんでもいいので粘着テープを使います。

水溶性のものはテープで取ってから洗うとより目立たなくなります。
繊維のデコボコが多いものはテープが届かなくて落ちにくい物もあります。

シャーペンは固いので若干残りますが、チョークと鉛筆は肉眼では分かりにくいくらい落とすことが出来ました。
ソーラインのシャーペンは水溶性なので水で目立たなくなります。

襟首とか目立って困った方は、
もしかして洋服を作る時出来上がり線を写していませんか?

洋服を作る時、出来上がり線は写さなくてもいいんです。
型紙を写すときは、型紙に縫い代をつけて、縫い代の周りを写してください
チャコは型紙の外側をなぞったでしょう?
つまり切り取るのは線の内側なんだよ
すると生地にチャコが残らなくなります。

あひる
でも印がないとまっすぐに縫えないよ!

まっすぐに縫う時は針の所を見るんじゃないんだよ
ミシンには5mm間隔で線が引いてあるので、ここに布の端をあわせると
1cmとか1.5cmとかで縫えます。
だから出来上がり線を書かなくてもいいんです。
つまり落とす必要がないってことです!
うさこ
これは布の糸くずを取っているときに
チャコは水でしみ込むということは、書いた時は上にのってるだけだから、テープで取れるのでは?と閃いて試してみたら上手くいきました。
印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。