【おさいほう】針の折れにくい雑巾の縫い方

うさこ
せっかくミシンがあるんだから、タオルで雑巾を作ろうかな。
でもタオルって縫いにくい気がする。
針が折れそう。
そんなイメージの方もいらっしゃると思います。
でもちょっとしたコツでささっと縫えちゃうんですよ!

縫い方

大人用の厚手の雑巾の縫い方動画 

子供用のぞうきんの縫い方動画

雑巾にするタオルの両端の三つ折している部分を切る。

うさこ

ここを切らないと、端が三つ折りされている上に、さらに両端を合わせるので8枚位生地が重なった状態になるんです。

それだけ重なっていれば針が折れる可能性も高まっても仕方ないですよね。
だから切る。


タオルはたたんであることが多いので大体中央に折り目があります。


端を折り目からずらしたところにもっていく。
中に隠れる部分なので厳密にはかって折る必要はありません。
適当でOK!


端同士を合わせるように反対側も折る。


 

切り落とした端が内側になるように折る。
こうするとで切り取った布端が内側に入るため、端がほつれてきません。


縫い方

周囲を端から1~2cmの内側を縫う。
端から縫おうとすると、布の厚みで押さえが斜めになり、生地を上手く後に送れないので、図のように途中から縫うと、簡単に厚い生地でも縫い始められます。


中の部分がずれないように角から斜めに×印に縫う。
これで内側の部分ががずれてぐしゃぐしゃにならなくなります。

うさこ

特別な器具も技も何も要らないよ。
たたみ方を変えるだけで、パワーが弱いミシンでも簡単に縫えるようになります。

試してみてね!