裁ち付け袴の裁ち図

大正時代の和裁の本から裁ち図(布の切り方)を抜粋して紹介します

元は全て寸尺表示でしたので、全て鯨尺計算でcmになおしてあります。

たっつけ袴

↑クリックすると大きい画像で見れます。

裁ち付け袴

昔の和裁の本は、着物を自作できるのが一般常識だったのか、縫い方などは描かれていません。

情報はこれだけ

この条件から専門外ながらここまで頑張りましたT_T

尚このサイトは和裁(着物の作り方)のサイトではなく、洋裁(洋服を作る)サイトですので、ミシンを使って洋服の技術で中学生でも作れるように簡単にまとめなおす予定です

本格的な和裁で作りたい場合は、和裁の先生がいらっしゃいますのでそちらで学ぶ事をおすすめいたします。

関連ページ

祭りたっつけ袴の型紙

はかま用脇ポケットの縫い方

ふんどしの縫い方