ビキニの水着の作り方

うさこ
肩と後をひもで結ぶタイプのビキニの作り方です。
ほどけないように、ストラップの金具をつけてもいいですね。
あひる
紐じゃなくてストレッチのレースやカラーゴムにしてもかわいいかも~

ビキニの型紙を見る

印刷用説明書ダウンロード

水着・ビキニパンツの作り方
パンツの型紙を見る 縫う前の下準備 接着芯は布を切る前に...

縫う前の下準備

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

接着芯は布を切る前に先に貼る。

接着芯ってどうやってつけるの?
布に印をつける方法はどうすればいいの?という方は↑ここにまとめていますので参考にしてくださいね。

型紙を写すときのポイント

指で押さえると点で押さえるので隙間の所がずれやすいです。
定規で押さえれば面で抑えるので生地を伸ばさず線を写すことが出来るんです

画像の色の説明

ニットの縫い方

   

普通の縫い方だと糸が切れるので レジロン(ニット用の伸びる糸)を購入してください。
図のような三本線の柄を選択上糸の調子を強めにして縫う。
これだとかなりの伸縮でも耐えます。
あまり伸びないTシャツ生地だと右隣の雷状の伸縮縫いという機能が使えればこちらを使うといいですよ。


ニットを使う場合は、伸びる生地なので縫っているとどんどん伸びたりずれたりして長さが合わなくなったり、べろべろに伸びる。
また布の端や、薄い生地、伸びる生地は食い込みやすい。
下にはみ出すように紙やセロファンを敷いておくと食い込みにくくなる。
セロファンだと薄くて破りやすい。
100円均一に売っています。


マンガとかお菓子とかを包んでいるフィルムで薄くて裂けやすいものでも代用が出来る。

部品について

ブラのパーツは表生地、裏が上下、肩紐が左右で2つ、背中の紐が1本です。
パンツは本体と股下(オーバーパンツにする場合は股下はなくても可)各1枚づつ切る。
紐は市販のひもや、リボンやテープでもいいですし、自作してもよい。

紐を自作する場合

細いものの場合45度の角度で布を切る。
細い紐を縫うのは大変なので3~4cmくらいに切る。
長さは肩紐40~55cm(長ければ試着したあと切ればOK) 2本。
下の紐はアンダーバスト+20cm 1本
短い場合はつなげる。

紐をひっくり返す器具を使う場合

紐を半分に折る。
折り山から5mmくらいのところを縫う。
それ以下だとひっくり返す器具が通りません。
斜めに切らないときじが伸びないのでひっくり返せないので必ず斜めに切る。
縫い代を2mm位残して、ループ返しでひっくり返す。

ひっくり返す器具を使わない場合

紐の縫い代をアイロンで裏側へ折る。


さらに半分に折る。


両端の縫い代を裏側へ折る。
半分に折って3mm位の所を縫う。

帯・紐の縫い方

カップ部分


表側の上に肩紐を重ねる。
端から5mmのところを縫う。



裏地の下側の縫い代を1cm裏に折る。
端から5~7mmのところを縫う。
折り目がつきにくく縫いにくい場合は熱接着の両面テープを貼ると縫いやすい。

熱接着の両面テープ


表地と裏地を表同士が内側になるように重ねる。



裏地下側の上に裏地上側を重ねる。
上下の順番が逆になるとカップパッドが入れられなくなるので注意。
端から1cmのところを縫う。
下2cm上から少し内向きになるように縫う。
すそを折ったときに表から見えないようにするためです(重要)



縫ったところの縫い代を5mmに切る。
角を縫い目から2mmはなれたところを切る。
縫い目の近くを切るとほつれやすくなる。



表側にひっくり返して端から2~5mmのところを縫う。



すそを折る前に、上の角を裏側に向かって折ると、厚み分ずれる。
ズレた状態でジグザグ縫いでほつれどめする。

うさこ
折り曲げると布の厚さで外側と内側では生地の長さに差が出ます。
このずれを適量入れるのが綺麗に作るためのポイントです。

ニットのほつれどめの仕方

ミシンの点線のジグザグ模様を選ぶ。(3点ジグザグという)


すそを1.5cmで裏側に折って1cmのところを縫う。


間に紐を通す。
試着して実際に後ろで結び長さを決める。
端に印をつける。
両端の印から縫い代1.5cmつけて切る。
紐の端を三つ折りして手縫いで固定する。

パットを入れる

裏からカップパッドを入れる。



パッドの有無でこんな感じに変わります。   

この型紙で作れます

ビキニの型紙

水着・ビキニパンツの作り方
パンツの型紙を見る 縫う前の下準備 接着芯は布を切る前に...

いるもの

□ 表生地 伸びる生地。
□ レジロンのニット糸
□ ニット針
□ セロファン

オススメの生地

2WAY,1WAYなどの伸びるレオタード生地や水着用の生地がおすすめです。

必要な布の量の計算方法

丈を短くしたり、伸ばしたり、改造パーツなど組み合わせをかえると布の量が大きく変わるので、正確には型紙のすみについている1/10サイズの型紙を使って動画のように計算してください。

特にコスプレだとパーツごとに色を変えたりするのでこの方法で確認すると確実です。
布を切るときの効率的な配置も分かるのでお勧めです。

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。

ファンになってうさこを応援する