【おさいほう】後あきの服のスタンドカラーの型紙を作る方法

えりは図のように後中心を基準の引いた線より

前があがっていると内側にすぼみ

平行だと垂直に

前が下がると外側に広がります。


小学校のときに円錐を紙で作りませんでしたか?

それを思い出していただくとカーブの向きと、えりの広がりが想像しやすいと思います。


型紙のえりぐり(出来上がり線)をメジャーではかる。


デザインによってはボタンをつける重なり分の先までえりをつけるタイプ

前中心、までのタイプ

えりの前に隙間が開くタイプなどあるので、デザインをよく確認して作る。

書く手順

後のえりのカーブの長さ分横に線を引いてください。


前のえりのの長さ分横に線を引いてください。


お好みの高さを決める。

鏡の前で定規を当ててみたり、市販のものを参考にしてください。


下の線に平行に線を引く。

この時点で作ると首周りがあいたえりになります。

縫い代をつけてから
この形を別の紙に写して前中心で左右対称になるようにつなげる。

首にそわせたい場合は


前と後のえりぐりのところで垂直に線を引いてください。


この線を基準に上側を折たたんでください。

どれくらいの量をたたむかは、実際に型紙を組み立てて、えりを身頃のえりにテープで固定しながら折りたたんで決めると、計算とかしなくても感覚で作れるよ。


外にえりを広げたい場合は


前と後のえりぐりのところで垂直に切り開いてください。


切り開いた所の下側を中心に下に回転させてください。

これも実際に身頃をテープで組み立てて確認しながら開く量を決める

前中心で左右対称に作る。

肩の所で上側を重ねるようにたたむと少し首にそいます。
この時点でも形になりますが前中心がだぶつくこともあります。


このダブつきを押さえるには、えりの前中心を身頃(胴体)のえりにそわせて置く。
前中心にえりを合わせて垂直に修正します
型紙に布のに対してまっすぐ置くための目安の線が入っているのでこの線に対し平行になる用に線を引いてください。


これで左右対称にするとよりえりにそいます。
しかし、このままだと前中心に角が出来ます。


フリーハンドでなだらかに繋がるように修正すると、首にそった柔らかいスタンドカラーになります

えりを広げたい場合

前後の境目で切り離し、開いてください。
下に紙を足して、テープで固定して余分を切る。

どれくらい広げるかは実際に体に当てて鏡を見ながら決めるといいと思います

関連ページ

【おさいほう】前が開く服のスタンドカラーの縫い方
チャイナ服や学生服などの立ち上がったえりの縫い方です。 前にあるボタンやファスナーで着替えるタ...