裏地のないズボンに裏地を付ける方法


表のズボンをベルトを付ける前まで作る。

裏地の型紙へ改造する

ズボンの裏地の付け方

すそから裏地が見えると見栄えが悪いので、裏地は型紙のすそを5cmくらい折りたたむ。


ズボンの裏地の付け方

裏地にポケットは不要なので、ポケットのある型紙の場合ポケットのない形に修正する。
ポケットの型紙を半分に折る


ズボンの裏地の付け方ポケットの型紙を前身頃の下に重ねる。
テープで固定する。


ズボンの裏地の付け方
裏地が表地より少しでも小さいとひきつってしまうので、裏地は型紙より5mm大きく切る。
※縫うときは型紙と同じ縫い代で縫う。
差の5mmがゆるみとなって引きつりを防止します。

生地の裏表

表地表  裏 裏地表  

縫い方

A=持ち出しの長さを測る



裏地の前中心をB分あけて股の上を縫ってください

B=A+1cm

裏地を綺麗に仕上げるコツ

縫い代の幅は1.5cmありますが1㎝幅で縫う。
5mmの差が調節用の余裕になる。


5mmほど縫い代より内側をアイロンで折る。
アイロンの温度は中~低温で。
温度が高いと素材によっては縮んだり、引きつったりするので注意。


ゆるみ分の折り目を広げないように作業を続ける。
市販の裏地のついた洋服を見ると、同様に折り目をつけて裏地に余裕を持たせているのを確認することが出来る。
この折り目に余裕を持たせることをお裁縫用語で「キセをかける」という。
裏地は裁断している端からずれやすいので縫い合わせる相手の場所にあう長さになるように臨機応変に調整する。



チャコペンで股のところを縫った所から1cm上、端から2cmのところに線を引く。
どちらに線を引くかわかりにくくなると思うので、表地と裏地の裏側通しを重ねて、表地に見返しがあるほうに重なったほうに線を引く。



引いた線の1cm内側にも線を引く。



端から1cmの線で切り取る。
切り取るのは表地に見返しが付いた方の対になる側の裏地だけ。
角を隣の線の1mm手前まで切込みを入れる。


アイロンで1㎝折る。



反対側も広げて縫い代1cmをアイロンで折る。


熱接着のテープを縫い代に貼っておくとズレにくく作業が楽になる。

なくても待ち針を使えば固定は可能。



裏地はファスナーを付けないので、ファスナーつけの縫い方のところは無視してベルト付けの手前ところまで説明書通り縫う。


表生地と裏生地を裏側同士が内側になるように重ねる。

まず持ち出し側に裏地の端を重る。
裏地の端は、持ち出し部分の縫い代にあわせる。

熱接着の両面テープをアイロンで固定するか、手縫いで縫う。

まつり縫いのしかた


持ち出しををよける。
持ち返しを折り返したところから1cmのところに反対側の裏地を固定する。


裏地と表地を合わせてウエストの上から5mmのところを縫う。


 説明書のの作り方どおりにウエストベルトを付ける。



すそがずれないように、太目の手縫い糸を5cmほど鎖編みをする。
表地と裏地の脇の縫い代のところをつなげる。
鎖編みがわからない場合は、5mmくらいのリボンで縫い付けてもいいです。

関連型紙

美脚パンツの型紙

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。