短い水干風の上着の作り方

型紙を使わず直接布に線を引いて作る方法です。


基本的に直線の製図ですので初心者にも作りやすいと思います。

いきなり1/1サイズで作るのではなくまず1/10サイズで作るのをおすすめします。

小さいと間違えても描きなおす長さも短いので、1/10で存分に失敗して1/1に挑むほうが効率がいいんですよ!
縫い代込みです。

身ごろ(左右2枚)

縦70cm 横38cmの長方形を2枚切る。
※縫い代込みです
数値はMサイズ(バスト83cm)基準で作りました。
横幅を1cm広げるごとに4cm大きくなります。
前身ごろと後ろ身ごろは繋がってます。


半分に折って片方に端から15cmの平行線を引く。


半分に折った状態で、上記のように四角を描く。



四角の下の角を丸くする。
丸くする分量は衣装のデザインに応じて調整してください。


カーブの近くからすそに向かって斜めに切る。



広げる。
片方を線通りに切る。
切ったほうの脇を折り目から3㎝と22cmの所に印をつける。



切り離したところが見返しという部品になります。

えり

襟首の1cm内側を測る。
両端は縫い代なので、両端も1cm内側から測る。
縦 5cm
横 (★+1cm)×2の長方形に切る。
接着芯を貼るなら、貼ると縮むので
上記より1=2cm大きく切ってから接着芯を貼ってからサイズ通りに切ると型崩れが起きにくいです。

そで

縦160cm横45cmに2枚切る。


布を切ったら半分に折って折り目を付ける。
折り目から3cmと22cmの所に印をつける。

手首の紐は通したいところをカッターなどで切れ目を入れて通してください。

上の写真は実際に神社で許可を頂いて見せていただいた夏用の装束のそでのアップです。

実物はリボンではなく紐でした。
このように特に処理などせず、切れ目を入れただけのところに紐を2本通していました。

遥かなる時空の中でのあかねのコスプレがしたいという友達のために作りました。

縫い方はここを参考にしてください。

【おさいほう】水干もどきの縫い方
コスプレ用の水干(平安時代風)の作り方です。 ※この作り方はコスプレや演劇のた...

脇をつなげたい場合は、22cmの下の脇を前後縫ってください。

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。