【おさいほう漫画】型紙がずれないように固定しよう

型紙をずれないように待ち針でとめると、手に刺さったり浮き上がって写しにくかったりしますよね





補足

手縫いの場合


両手で布を持つため外から内に刺すと手に刺さりやすくなるので、内側から外に刺すと刺さりにくくなります


自宅で使うなら洋裁用のおもりは重量があるので安定感があっていいのですが、洋裁教室とかお友達の家に裁縫道具箱を持っていくときに重過ぎますよね。

そんなときは紙がずれなければいいのでお手玉とか習字用の文鎮とかでもいいです。
川原で拾ってきた綺麗な石でもいいです。


ディスプレイの壁取り付けようの金具があまったので、同じくあまった磁石をつけたもの。
薄くて重みがあって予想以上にちょうど良かったです。
こんな感じで紙が動かない重さのあるものなら代用できます。

ただ、ワンピースとか大物を写すときは重いおもしが使い勝手がいいですよ。


待ち針はいろいろありますがシルクピン、シルク待ち針という名称の待ち針を使うのがおすすめです。

細いので刺さりがよく、繊維の細い生地などは針が太いと、刺したあとが残ったりするのですが、シルクピンだと穴も小さいので、伝線などの確率も低くなります。