たった2枚で作れるかんたんカーディガンの縫い方

印刷用説明書ダウンロード

つくり方 印をつける

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ

表側  裏側


赤の線で切ると半そでになります。
ニット(伸びる生地)で作ることを前提としているので、
ニットとニット糸を使って作る。


ニットは生地によってはただ縫うだけで大きく伸びる生地があります。

そういう生地の場合図の赤い所(生地の裏側)にニット用の伸び止めテープか、1cm幅に切った、ニット用の接着芯を貼ってから縫うときれいに仕上がる。


ニットのほつれ止めは左のように点線のジグザグを使います。
赤いところをほつれどめしてください。

後中心を縫う

内側が表になるように重ねる。
1㎝幅で縫う。


2枚まとめてほつれどめしてください。
縫い代はどちらか片方にアイロンで折る。

袖の下から脇を縫う

袖口から脇に向かって1㎝幅で縫う。


2枚まとめてほつれどめしてください。


アイロンで縫い代を裏側折る。
端から5~7mmのところを縫う。
この時後中心の縫い代が上下同じ方向に倒れているのを確認する。
うっかり上と下で縫い代が逆向きに折れた状態でえりとすその縫い代に縫いこまれることがあります
脇の縫い代は後側に折る


袖口を内側に1cm折る。
5~7mmのところを縫う。
袖の中の縫い代は後身頃の方へ追った状態で縫う。


お好みでスナップボタンや飾りをつけてください