幼児用後あきワンピースの縫い方【おさいほう】

縫う前の下準備

特別に指示がなければ、洋裁工房で扱っているドールの型紙の縫い代は7mmです。

襟、見返しなどの生地は、接着芯、チュールレースなどを使用すると厚みを減らすことが出来ます。

オビツ11の型紙の教科書

この本で、接着芯を見返しとして縫って裏返してから貼るというのを読んでこの人は天才か!と思いました。

ほつれ止めをする

生地はそのままだとほつれてくるので、ふちがほどけないように処理をしてください。

ほつれ止め筆ペン
幅広くぬれるので便利です。

ほつれ止め液を使う場合は熱で消えるペンで型紙を写すと作業がしやすいです。


アイロンでインクを透明に出来ます。
チャコペンだとほつれ止め液を使うと消えてしまうので、水分で消えないこのペンを使って裏から写してください。
消えるのではなく透明になるだけなので、表に書くとうっすら見えるので、裏から写してね。
細すぎると生地の繊維に引っかかって描きにくいので普通~太い線のものを買うのがポイントです。

※ハンダゴテでとかしながら切るのは化繊限定です。
綿や麻の生地はとけないのでほつれ止め液を使ってください。
洗濯をしないのであれば、木工用ボンドを水で薄めて塗ってもほつれどめになります。
洗濯をしないのであれば、木工用ボンドを水で薄めて塗ってもほつれどめになります。

縫い方

画像の色の説明

肩を縫う

  

身頃と後身頃の肩を表側同士が内側になるように重ね縫う。
前後の肩を一緒にほつれ止めしてください。

そでを縫う

そで山の中心に印を忘れずに入れる。
(位置合わせに必要)

そで山の縫い代に2本(赤い部分)ギャザーを寄せる。

ギャザーの縫い方


レースを裏を上にして重ねる。



レースを起こして縫い代はそで側に折る。

縫い目から2~3mmの所を縫って縫い代を固定する。


そでと身頃を内側が表になるように重ねて縫う。


そでの縫い代をアイロンで身頃側へ折る。

そでから脇を縫う

そでから脇を続けて縫う。

見返しを縫う

見返しを裏を上にして重ねる。


えりの縫い代のカーブの所は切込みを忘れずに。
切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになる。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)

縫い目を切らないように気をつけてね。

スカートを縫う

スカートの後中心を縫う。


スカートの上側にギャザーを縫う。


表にした上半身のウエストに、裏が見える状態のスカートをかぶせる。

ウエストを縫う。


上半身を起こす。

縫い代は上半身側に折る。

縫い代を押さえるために表から縫う。

ファスナーを付ける

アイロンで縫い代を左右に広げる。

縫い代を割る

お裁縫の用語で割るという。


https://yousai.net/nui/jacket/hosomi/hosomi13.jpg

あれば熱接着の両面テープをファスナーの表面に貼る。
裏を上にして生地を置く。
熱接着の両面テープのはくり紙をはがす。
縫い代の上に、裏を上にしたファスナーを置く。
アイロンで固定する。


熱接着の両面テープが無い場合

れば手縫いで2cmくらいの大きい縫い目でしつけ糸でファスナーと、縫い代だけを開きどまりの所まで大雑把に縫う。



ミシンの押さえをコンシールファスナー押さえに替える。
このコンシールファスナー押さえは一般的な家庭用ミシンであれば数百円で購入ができる。
お洋服を作る人は1つ持っておくと便利ですよ。

左側は軸から替えるタイプ、右は後のボタン押して押さえを交換するタイプ用

コンシールファスナー押さえはこのように裏側に溝が入っている。


この溝にファスナーのムシ(レール部分)を入れて縫うと、ファスナーのムシのそばギリギリを縫うことができる。
そして開きどまりまで縫う。

これでファスナー付け完成。

コンシールファスナーの縫い方

すそにフリルを付ける

すそのフリルを縫う。


フリルの上側とスカートの印をあわせてつける。

フリルがスカートの裾と同じようになるように、フリルにギャザーを寄せ縮ませ表側同士が内側になるようにに重ね縫う。

お好みで1段、2段と重ねて縫う。


フリルを起こし、表から縫い代を固定する。

縫い代は上側に折る。

フリルではなく、レースでも可愛いですよ。
ライン上にレースやリボンなどをつけるだけで全然違う雰囲気になります。

裏地などで作ればスカートの下にはくペチコートも作れる。

つけえりの縫い方

表のえりにレースをつける。
裏が見えるように重ねる。
角はレースを多めに重なるようにつける。
ここの量が少ないと広げたときレースが引きつる。


もう一枚のえりを内側同士が表になるように重ねて縫う。


表にひっくり返して端から3~5mmの所を縫う。

ホックを付ける

裏にスプリングホックを縫い付ける。


糸の端を玉止めする。



縫い代や見返しがカギホックのそばにある場合は布の間に針をいれ、内側からスタートすると玉止めが目立たない。


付けたい場所にホックを置く。


ホックの穴に針を通す。


聞き手で糸を持ち、反対の手で針を固定する。

針に1周糸を引っかけて輪を作る。


糸を引っ張って輪を締める。



こうすると一針一針が強くなりますし、一か所糸が切れてもすべての糸がが抜けたりしなくる。

縫う数は決まりはありません。
だいたい1つの穴に付き4~8針程度で充分です。

太い糸より細い糸の方が強度が弱いので多めに縫うね。



軸がぶれないように穴の先の軸も2~3回縫っておくとグラグラしない。


一番最後に生地から糸が出たところをしっかりおさえる。

糸がもつれないように針を引き抜き糸を引き締める。


玉止めのすぐそばを切ると、ほどけやすいのでフックの下をくぐるように生地をすくい、反対側に針を出す。


針を出した先で糸を切れば、玉止めから糸の余裕ができるので玉止めがほつれにくくなる。


反対側のホックも同じように生地をすくってから、穴に針を通す。
針に糸を引っかけてから抜くを繰り返して縫う。

これでカギホックつけ完成。

いるもの

□ 表生地
□ ファスナー
□ スプリングホック
□ レース