【おさいほう】そでありを袖なしにする方法

ソデ付の型紙のソデを付けずに作った場合

そでつきは腕を動かしやすいようにそでぐり(腕を出すところ)が広くなっています。


脇から下着が見えたりするので、それを防ぐために脇を上げる必要があります。

改造方法

型紙の下に紙を足して脇の線を延長して脇の生地を上げてください。

これだけで脇が上がりましたね。

そでありのままだと、肩幅も広いと思います。

肩のところも内側に線を引くと方もすっきりします。


逆に重ね着するベストとかにしたい場合は脇を大きく、肩を狭くするなど調整する。


どのくらいの分量狭めるかは、難しく考えず、型紙を体に当てて、鏡を見ながら好みで決めればイメージから外れることはないと思います。

縫い代がないところには忘れずに縫い代をつける。

そで口の端の処理

・見返しを作る

上に紙を重ねてそでの線と平行線と肩と脇を写して見かえしを写し取ってください。

縫い代を1cmつけて切り出してください。

細いバイアステープが裏に隠れるような縫い方で端を包んでください。
太いと引きつりやすいので細いものを使うのがオススメ

・バイアスでくるむ