五角形のパッチポケットの縫い方

プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

布の表に貼り付けたタイプのポケットの作り方です。

型紙を写す

プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

布に型紙を重ねて線を写す。
プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

縫い代を布に測りながらつけると布は動いてずれやすいので
ゆがんだりサイズがかわったりします。
型紙に最初から縫い代をつけておくと正確に写しやすくなる。

布を切る

プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

このポケットの場合切る時は線の外側を切る。
通常は線の内側を切る。
折り曲げると布の厚み分小さくなる。

それをみこして大きく切るのです。

縫い代の補助線をつける

プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

裏に縫い代の倍の幅で補助線を引く。
補助線に合わせて折れば初心者でも縫い代を綺麗に折ることが出来る。

縫い代を折る

プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

先にポケット口から折るのが重要です。
プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

横と下を折る。
プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

横と下の縫い代に熱接着テープを貼る。
ポケットは待ち針だとずれやすいので熱接着の両面テープで固定すると
ゆがんだりせず綺麗につけられる。

熱接着の両面テープは熱でくっつく布用の両面テープです。
熱を加えるまで接着力がないので手や布が汚れない便利な道具です。

縫う

横の縫い代を広げポケット口を縫う。
プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

最初にポケット口を縫わないと後で縫えなくなるのでここの順番は大事です。

位置合わせの印について

プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

ポケットを付ける印はチャコペンで型紙の上から10秒ほど押さえると下の生地に写る。
もしくは目打ちで穴を開ける。

プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

点の印にポケットの端をあわせる

はくり紙をはがし中温のアイロンで15秒体重をかける。
温度は中温であてる。

端の縫い方

プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

上の端が一番力がかかるので横方向に縫って補強する。

プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方


大事なのは横方向に縫う事なので三角でも四角でもよい。
向きを変える時は針を布に刺した状態で回すと縫い目がずれない。
端から2~5mm位の所を縫う。

縫い代の処理

プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

縫い代が表に見える場合は糸きりで中に押し込んで縫う。
反対側の端も同様に縫う。
プロの洋裁の先生が教えるパッチポケットの縫い方

糸を切って完成。

うさこ
プロが技術で縫っている所を、熱接着のテープという道具を使えば初めてでもきれいにつくれるよ!
シンプルな四角いポケットの縫い方
洋裁初心者でもポケットの位置がずれたり、縫い代を折るときゆがんでポケットの形がいびつになったりしにくいポケットの縫い方です

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。