【おさいほう】胸にギャザーの切り替えを入れる 

胸にギャザーの切り替えを入れる

切り替えのあるデザインの場合、出来上がり線で型紙をテープで固定する。

※縫い代は省略しています。


体に当てて鏡を見ながら線を引いてください。
体から外し線を清書して縫い代をつけてから不要部分を切る。
改造する場所の縫い代は外し、改造してから再度縫い代を付け直してください。

見返しを作る

紙を敷いて、えりと肩の線を写してください。

写した線に4~5cm並行に線をひいて切る。

これでえりの端をくるむ見返しというパーツの型紙ができます。

分割する

テープをはがしパーツを元通り個別の型紙に戻してください。

分割線で切り離してください。
(胸の部分はつなげたままで)

分割した部分に縫い代をつける

胸のギャザーの部分(上の図のピンクのパーツ)は、間を縦に等分にして1.5~2倍の長さになるように広げて、テープで固定する。

ギャザーを寄せる

縫い付けるときにギャザーを寄せてもとの長さになるように縮る。

肩をつける

方の部分と胸の部分を内側が表になるように重ねて1㎝幅で縫う。

肩の部分の端は1cm(縫い代)開けておいてください


肩部分だけ起こしてアイロンをかけてください

中央と脇を縫う

胸から下のスカート部分を表同士が内側になるように重ねて縫う


縫い代は左右に広げる

上半身と下半身部分を縫う

胸部分とスカートを表同士が内側になるように重ねる。


縫い代を胸かスカート側好きなほうへ折る。

縫い目から5mmのところを縫って縫い代を固定する。


ここから後は改造もとの縫い方を参考にしてください