【おさいほう】ダーツの切り替えをパネルラインにする

上側は極端な角度になると縫い合わせが難しくなるので緑の線のように袖側に斜めか、片側に補助線を入れます。

引いた線を基準になだらかにつながるように線を引いてください。

すそのボリュームをそのままで作りたい場合

ダーツの中央からウエストからすそに向かって斜めに引いてください。

このときお尻のところが削れる分狭くなるのできつくなる場合があります。

ダーツの内側に向かって少しカーブさせるとお尻周りが小さくなりません

切り離してください。
真ん中の部分は不要です。


異なるカーブになるので長さがあわなくなるのでメジャーでカーブを測る。

脇のオレンジの所の長さに対して中心の部分が短ければ、ウエストの所で切って脇のパーツの同じ長さになるように伸ばしてください。
逆に脇のパーツより長い場合は重ねて短くしてください。


縫い代を1cmつけてください。

ウエストから下はダーツの線を延長する場合

線が重なる分すそが広がります。

重なった部分を別の紙に写してください。

切り離して足りない部分に、写した紙を切って足してください。
縫い代をつける。