【おさいほう】肩幅をかえずにバストのサイズをかえる

肩幅をかえずにバストサイズを大きくする方法

他の部分は普通サイズだけど、バストが大きくてイラストのように胸が開いてしまうときの型紙の補正方法です。

※縫い代は省略しています。
改造する場所の縫い代は外し、改造してから再度縫い代を付け直してください。

バストサイズが大きいといっても

横に広いタイプ
厚みのあるタイプ

があるので、それによって補正は異なるのですが、今回は後者で説明いたします。
まず1番目の画像のようになったとき、
実際に服を着てみてあと何センチ広ければ余裕を持って3cm重なる(3cmがボタンを付けるための持ち出しなので)のにな~というのを図ってみてください。

たとえば4cmとしましょう。
服は左右の身頃がありますから2で割る。=2cm)

次に前脇のウエスト(くびれにあるピンクの印)を自分のウエストにあてて、乳首(バストポイント)の高さの所に印をつける。
体から外し、そこからそでぐりの所に線を引いてください。

前中心とウエストの高さを合わせ、前中心にもバストの高さの所に線を引いてください。(前中心に対し直角になるように)

前中心を今度は肩にあわせて当てて、実際のウエストまでの差をはかる。
(例=5cm)
前脇をバストのラインで切り開き、差の5cm分、そでぐりを起点に開いてください。
下に紙を貼りつけてください。

前の余裕分2cmを右の図のようにバストポイントの所に足してください。
あとはフリーハンドで滑らかになるように線を引いてください。
そして紙の余分な所を切り取ります。

前脇の黄緑のラインをメジャーで測る。
前中心に引いたバストラインで切り開き、前中心と前脇の黄緑のラインが同じになるように紙をはさんで調節してください。

余分を切って完了です。