【おさいほう】花びらみたいなスカートの作り方


このような縫い合わせになっています。

型紙の作り方

イメージはこういう感じですが、一つ一つ作るのは大変なので各パーツ同じ形なので1つだけ作ります

ダーツの数字の割り出し方

ダーツ(立体のつまみ)を作る。
計算で出すのは難しいので手持ちの紙をまっすぐに切る

腰周りに丸みを持たせるためのダーツを入れず普通のフレアスカートのように落としたい場合はダーツは不要です


好みのカーブになるように実際に重ねる。
このとき重なった分の縦の長さがE、幅がFになります。


こんな感じで横から確認して好みのボリュームを決める

自動計算

ウエストベルトは特にこだわりがなければ3~3.5㎝程度が一般的です。
ワンピースと合体させたいときは、ワンピースの縫い合わせるところの実際の長さを測って入力してください(型紙に2枚と書かれているものは2枚分足してくださいね)


紙を縦に半分に折る
自動計算で出た数値でコンパスの要領でAcmとBcmで弧を描く。
分度器でCの角度で線を引いてください。
分度器がない方はここに印刷して使える分度器があります。
自動計算のDと実際に紙をはさみで切って決めた長さEの長さで斜め線を引いてください
縫い代を付けて左右対称になるように切り出してください。


体に当てて好みの花びらのカーブを描く。

見返しを作る

そのまま切りっぱなしにしたくない場合は見返しという布端を内側に隠すパーツを作ります。
スカートのすその上に紙を重ねてすそ線と、その上4~5㎝の所に横線を引いた物を移してください。

見返しをつなげる

花びらの半分の数別の紙に写してつなぐ。
つないだら、なだらかに線を引いてください。

つながりをなだらかにする

余分のところを切る。
生地を切る時に2枚切る



花びらの分全部つなげたらいいんじゃないかと思うかもしれません。
全部つなげると布の無駄が大きく出来るので2枚にわけるのです。

ウエストベルトの型紙

自動計算で出たG,Hの長さで長方形を描いてください

印をつける


両端を書かれた数字の所に印をつける。
間を自動計算のIcmの所に印をつける