手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング >  ビキニの作り方 

ビキニの縫い方


Translate

布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表  裏  

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合は切ってほつれどめが終わった時点で入れておくと楽です。

ポロリを防ぐためにもはぎれなどで一度試作して、試着してから本番を作ってください。

布の厚さによっては型紙より小さくなります。

微調整は型紙に対し平行に線を引いて調整してください。

袴もどきの作り方の説明書
印刷済みの説明書




ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い

布印刷
洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


ほつれ止めの仕方

布の縫い合わせ方

まっすぐ縫う方法

ニットの縫い方

よく伸びるニットの縫い方

普通の縫い方だと糸が切れるので レジロン(ニット用の伸びる糸)を購入してください

図のような三本線の柄を選択上糸の調子を強めにして縫ってください

これだとかなりの伸縮でも耐えます。

あまり伸びないTシャツ生地だと右隣の雷状の伸縮縫いという機能が使えればこちらを使うといいですよ。

ニットの縫い方 ニットを使う場合は、伸びる生地なので縫っているとどんどん伸びたりずれたりして長さが合わなくなったり、べろべろに伸びたりします。

そこで細かい番手の紙やすりを帯状に切って、布と押えの間にはさむと、伸びやズレが減ります。

※一緒に縫わないように注意。
布の端や、薄い生地、伸びる生地は食い込みやすいです。

下にはみ出すように紙やセロファンを敷いておくと食い込みにくくなります。

セロファンだと薄くて破りやすいです。
100円均一に売っています

マンガとかお菓子とかを包んでいるフィルムで薄くて裂けやすいものでも代用が出来ます

ブラのパーツは表生地、裏が上下、肩紐が左右で2つ、背中の紐が1本です

パンツは本体と股下(オーバーパンツにする場合は股下はなくても可)各1枚づつ切ってください

紐は市販のひもや、リボンやテープでもいいですし、自作してもいいです

紐を自作する場合

細いものの場合45度の角度で布を切ってください

細い紐を縫うのは大変なので3〜4cmくらいに切ってください。

長さは肩紐40〜55cm(長ければ試着したあと切ればOK) 2本

下の紐はアンダーバスト+20cm 1本
短い場合はつなげてください

半分に折って折り山から5mmくらいのところを縫ってください

それ以下だとひっくり返す器具が通りません。
斜めに切らないときじが伸びないのでひっくり返せないので必ず斜めに切ってください。

縫い代を2mm位残して、ループ返しでひっくり返してください

紐の縫い代をアイロンで裏側へ折ってください。

さらに半分に折ってください

両端の縫い代を裏側へ折ってください

半分に折って縫ってください。

帯・紐の縫い方

表側の上に肩紐を重ねてください。

端から5mmのところを縫ってください。

裏地の下側の縫い代を1cm裏に折ってください。
端から5〜7mmのところを縫ってください。

折り目がつきにくく縫いにくい場合は熱接着の両面テープを貼ってから縫うと縫いやすいです

熱接着の両面テープ
表地と裏地を表同士が内側になるように重ねてください。
裏地下側の上に裏地上側を重ねてください。

上下の順番が逆になるとカップが入れられなくなるので注意。

端から1cmのところを縫ってください。

下2cm上から少し内向きになるように縫ってください。

すそを折ったときに表から見えないようにするためです(重要)

縫ったところの縫い代を5mmに切ってください。

角を縫い目から2mmはなれたところを切ってください。

あまり近くを切るとほつれます。

表側にひっくり返して端から2〜5mmのところを縫ってください。
すそを折る前に、布を折ると、厚み分ずれます。

そのズレ分のゆるみを入れるために上側を折って、すそをずらします。

ずれたら、ずれたままジグザグ縫いでほつれどめしてください。

すそを1.5cmで裏側に折って1cmのところを縫ってください。
間に紐を通してください。

試着して端をちょうどいい長さ+1.5cmづつ長めに切ってください。

紐の端を三つ折りして手縫いで固定してください

パッドを裏から入れてください

パッドの有無でこんな感じに変わります

パンツの作り方
パンツの裏側に股下の部品を付ける位置の印をつけてください。
股下の部品の縫い代を裏に1cm折ってください。

折った縫い代の上に熱接着の両面テープを貼ってください。

熱接着の両面テープのはくり紙をはがして、パンツの裏側の線の印の所に重ねてください

アイロンで固定して完全にさめるまで待ってください。
冷める前に触ると両面テープがはがれやすくなります。

股下の部品の端から2〜5mmのところを端から端まで縫ってください。

股下の部分からだけ縫うと、見栄えが悪いです

表側が内側になるように半分に折ってください。

脇を合わせて端から1cmのところを縫ってください。

脇を2枚一緒にほつれどめしてください。

2mm位細く切った熱接着の両面テープを裏側のできるだけ端に貼ってください。

熱接着の両面テープの剥離紙をはがしてください。
上側を2cm、足の付け根を1cm裏側に折ってください。

ここの折る幅が狭いとゴムが通せません。

アイロンで縫い代を固定して、完全に冷ましてください。

ゴムを入れるために目立たないところをあけておいてください。(図の青丸のところ)

  ゴムを通しちょうどいい長さに切って結ぶか、縫ってください。
紐通しがない場合は安全ピンをゴムの端につけてとおしてください。

ビキニの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

必要な材料

2WAY(左右に伸びる)生地

※白や薄い色合いの生地は下が透けやすいので、下にもう一枚下地を着たほうがいいです。

レジロン(ニット用の伸びる糸)
※ニット糸を使わないと、糸が生地の伸びに耐え切れず、切れてしまいます。

洋裁漫画
洋裁動画

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト