布のゆがみを取ろう! 地直し・水通し

洋裁の本とかを見ると使う前に地直しをしなさいって書いてあるけど具体的にどうなの?

生地は通常縦横の糸を織って布にしています。

その布があなたの所にやってくるまでにいろんな原因でまっすぐだった繊維がゆがんでしまうことがあります。
また洗濯すると縮んだりする生地もあります。

その歪みを布を切る前に出来るだけまっすぐに整え、出来上がった後縮まないよう、あらかじめ下処理をすることを地直しといいます。

昔に比べ生地の品質は良くなったと聞くのに地直しの仕方を調べると、昔と変わらず同じ方法がかかれています。
実際どうなんでしょう?

今の日本の生地は出荷前に、水通ししなくていいように加工をしてから出しているので、ほとんど地直しはしなくていいといわれています。

写真は2015年播州産地に工場見学で行った時撮影させていただいた、生地の仕上げの処理の機械です。

しかしお店によっては古い生地海外製の縮み加工をしていない生地も扱っている場合があります。
そのような生地は地直しをした方がいいのですが、お店で買うときにそれが日本製なのか海外製なのかわからないことが多いですよね。

目の荒い綿生地やガーゼなどの生地はかなり大きくゆがむことがあります
両端で5cmくらい斜めになっている生地もあります。

なので綿麻だけは水につけて縮ませる、地直ししてゆがみを取ると覚えていいと思います。

具体的にどうしたらいいの?

水で縮むのは天然素材の綿、麻です。
ポリエステルなどの化学繊維は水では縮まないので水通しは不要です。
また絹やアセテートなどは水で光沢がなくなったりするので、これらも水通しは不要です。
ウールは水ではなく摩擦でちぢむので、ウールも水通しは不要です

生地に余裕がある場合


綿麻の生地を10cm×10cmにカットします。



水につけた後、軽く絞ってアイロンをかけてみます。



そしてどのくらい縮むか ものさしで測ってみてください。
この時カットした生地がアイロンをかけた後にゆがんでいたり縮んでいたら、地直しをした方がいいです。

人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする