ダイエットする前に軽くなりたいの?スタイル良く見えたいの?

お裁縫の先生をやっていると時々あとちょっとで**のキャラと同じウエストになるんですよとか

モデルさんのウエストがこれ位だから、もっと痩せなきゃとおっしゃっている方を見かけます。

そしてダイエットしないとと、体重ばかり気にしている方もいらっしゃるのですが

体重を軽くしたいの?スタイル良く見せたいの?
大事なのはどっちですか?

ほとんどの方はスタイルを良く見せたいからダイエットしたいんですよね?

でも知識がないからスタイルがいい=痩せている=体重を落とすと考えがちです。

二次元の寸法は3次元の現実と同じとは限らない

キャラクターの顔がディフォルメしてあるように、キャラクターの体型もディフォルメされています。
そもそも等身から違ったりしますよね。
そしてキャラクタープロフィールに書かれている数値は、過去の他の媒体のキャラクターやグラビア雑誌などを参考に付けたもので現実的な数値ではなかったりします。

アイドルやモデルさんは引き締まっている

モデルさんはランウェイで美しく歩き、洋服を綺麗に見せるためのポーズを維持するために体幹を鍛え、アイドルの方は歌って踊るためにトレーニングやダンスレッスンをしているわけですヵら、ただ痩せているのではなく鍛えられて絞られた体です。

痩せている=美しいではない

痩せるために食事を抜いたり偏った食事をする方もいらっしゃいます。
タンパク質が足りないと肌や髪が痛みます。
吹き出物が出来たり、髪がパサついたり、顔色が悪くなったり。
ビタミンが不足すると、歩行障害や痴呆、せん妄が起こりひどいと死に至ります。
ミネラルが不足するとむくみや味覚障害など…

栄養が不足することで起きる不調もあるので、食事を抜くのは【スタイルを良くする】という目的には適していません。

引き絞るには結果運動しかない

体重は落ちても肌や髪やメンタルがボロボロだと意味がないですよね?

痩せる=美しいは強迫観念にとらわれると拒食症にまでなってしまいかねません。
そのため痩せる→美しいわけではないと認識を正して
健康的な自分の体のバランスに合ったプロポーション=美しいに変えていくのがいいと思います。

人間は慣れる

例えばハリセンボンの春菜さんやナオミさん、ふくよかな方は沢山いますね。
何度も何度も目にしていると、人は体型より表情や雰囲気に目が行くようになります。
するとふくよかでもかわいい。愛らしい。
と感じるようになってきます。
逆にどんな美人でも性格や雰囲気が悪いと嫌になりますよね。

理想のプロポーションになるには

体重は50キロ以下、ウエストは65cm以下じゃないととか、固定の数値にこだわっていませんか?

身長と骨格が違えば当然数値が違うのが当たり前ですよね。
そして脂肪と筋肉では重さが違います。
身長が違えば健康的な体重も違いますし
同じ体重でも筋肉がついている人の方がウエストは細くなります。

なので体重は基準にならないのです。

ですから美しいボディになりたいのであれば、痩せる**ではなく

カロリー計算をしてしっかり栄養を取る。
引き締めるために運動する。
昔から言われている当たり前の事しかないんですよね。

やり方については、栄養士さんとか専門家の方が情報公開してくださっているので、そちらを参考にしてください。

でも今メリハリ付けたいのよ!

多くの人がウエストが細い=プロポーションがいいと思っていませんか?
違うんですよ。
美醜って、環境や流行で左右されます。
年代や国によっては耳が長い人、首が長い人、ふくよかな人、お尻が大きい人等、美しいと感じるものが違いますよね。
今の自分や周りの一般的な美しいと言われるものを把握して、プロポーションのバランスに近くなるように服や補正をしてあげればいいんですよ。

メリハリがあるというのは胸が大きくてウエストが細くて…というイメージがあると思うでしょ?

今の日本の美しいというプロポーションはウエストと、ヒップの差が重要なんです。


こちらはウエストが80cmだとかなりふくよかな方だと思うのですが、お尻周りが大きいと相対的にウエストが細く見えるんです。
この図はヒップ以外全部同じですがヒップが95だと寸胴ですが
ヒップ105だとウエスト細く見えるでしょう?

正面から見た時ウエストとヒップの所に出来るカーブがメリハリの正体です。
つまり後ろではなくヒップの両サイドにボリュームがあるとバランスがよく見えるんですよ

市販でもヒップのサイドまでパッドが入っているような下着を使用すれば簡単にメリハリが作れます。

男性の体型でもスカートのボリュームで腰回りが大きく見える錯覚を持たせれば、メリハリがあるように見えるんですよ。

ただ、ウエスト80cm超えたあたりから前後の奥行きも増してくるので限度もあるの


いきなり右端のような体型に体を絞るのは一長一短ではできませんよね。

ですが補正でメリハリは作れます。
間違った認識で体調を崩すよりは、補正や服でバランスをとってお洒落をしつつ、本当にプロポーションを良くしたいのであれば、筋トレで体を絞るというのが最善だと思います。


と描いている本人が、デスクワークで動かなさ過ぎたので、脂肪がたまり着る服がなくなってきたので、現在毎日筋トレをしています。

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。