洋服づくりには布以外にもファスナーとか材料が必要です。

洋服を作る時は布だけではなく、ボタンや接着芯、ファスナーなども必要です。

確認して買い物行くと、後で

あひる
ボタン買うの忘れてたー!!

というのが防げます。


市販の型紙や本の場合は、服を作るのに必要な材料の目安が書いてあります。
この欄をスマホなどで撮影しておくと、持って行き忘れもないし、カバンの中で行方不明にならないし、間違いがないですね!
さらに完成のサンプル写真の所も撮っておくと、手芸店で店員さんに相談しやすいです。
情報が少ないと店員さんも答えにくいですからね。

特にファスナーは購入時だとサイズ調整が無料だったりすることもあります。
購入後日にお願いすると有料になる事が多いので、事前に確認していくのがおすすめです。

ファスナーの調整は金具さえ買っておけば自分でもできます。

ファスナーのサイズ変更の仕方
購入したファスナーとつけたい位置の長さが違う場合、自分でファスナーの長さを変更したい時の調整方法です。

・オリジナルに改造した場合

こういう時にデザイン画があるとデザイン画を見て、必要な素材が推測しやすいですね。

接着芯って必要?

あひる
予算が少ないから接着芯とかなくてもいいんじゃないかな?


接着芯は
    • ボタンの所のように力が掛かる所の補強。
    • えりのカーブなど伸びやすい所の伸び止め
    • えりなどのシワ防止
    • 形状保持

等、接着芯をつけずに作ると、力が掛かる場所が破れやすくなったり
シワになって見栄えが悪くなったりします。

うさこ
作り方の説明書に書いてある材料は必要だから書いてあるんだよ。
特に芯は重要な上、後からつけるのは大変なので
ケチっちゃだめだよ!
印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。