縫い代を付けるときの3つのポイント 洋裁初心者のための基礎講座

うさこ
型紙を書いたら、次の3つのポイントを覚えておくとあとの作業が楽になって綺麗に作りやすくなりますよ
  1.  縫い代の幅は適当につけない
  2.  縫い代は型紙につける
  3.  平行線の入った定規を使う。

縫い代の幅は適当につけない

初心者がやってしまいがちなのが縫い代をテキトーにつけることです。

縫い代をテキトーにつけた場合

形が全然合わないので
まず端を合わせることが出来ません
待ち針を刺すときも
裏を見て出来上がり線を確認して
待ち針を刺さないといけないので時間がかかります。

縫い代の幅が同じ場合

端を合わせて待ち針を刺せるのでとてもかんたんです。
縫うのもミシンのラインに端を合わせれば
いちいち布に出来上がり線を書かなくていいんですよ。
同じ幅で線を引くだけで一気に作業がしやすくなるんですよ!

縫い代は型紙につける

型紙を布に置いて周りに縫い代を付けている人もいると思います
でも布って動きますよね。
定規で測りながら印をつけると型紙がズレたりしませんか?

型紙に縫い代を付ける場合
型紙と同じ紙に縫い代を書くからズレませんよね
複数部品を切る時も型紙につけてしまえば何度も縫い代を付ける必要はありません。
型紙に縫い代を付けたほうが楽な気がしませんか?

平行線の入った定規を使う。

縫い代を測りながら書いていくと時間がかかりますよね

縫い代を描く時は平行線の入った定規をを使うと簡単です。
出来上がり線の上に定規の縫い代と同じ幅の線を重ねて線を引きます
曲線の場合は、出来上がり線から定規の線が離れたら、ペン先を軸に定規を回転させます
これで効率よく曲線も引けますよ。

印刷
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。