洋裁向きのアイロンの選び方

アイロンを持っていないから洋裁にもつかえる新しいアイロンを買おう、別に洋裁用にアイロンを買おうという方のための選ぶ一助になれば幸いです。
プロ向けではなく一般家庭の手芸向きのアイロンです。

洋裁向きのアイロン

洋服を作るときには接着芯という貼りを出したり、補強する素材をつけることがあります。
またアイロンプリントなどでオリジナルの柄を入れたりしたいことがありますよね。

スチームアイロンだと、アイロンの穴の部分が接着漏れを起こしています

そこで洋裁で使うときは穴の少ないものか、スチーム孔の少ないものが使いやすいです。

接着芯やアイロンプリントは高温だと縮むものもあるので中温で接着するのですが、コードレスアイロンの場合、使っているうちに温度が下がってしまいます。
温度が下がった状態で接着芯をつけてもはがれやすくなってしまうのです。
なので洋裁に使う場合は穴がないもしくは穴の少ないコードのあるアイロンの方がきれいに接着芯やアイロンプリントなどを付けやすいです。

スチーム穴のないアイロンの場合スチーム穴はどうするの?

霧吹き(空のスプレーボトル)に水を入れて、スプレーをします。

そのとき霧吹きの出が悪いと霧ではなくダマ状で水がついてしまいます。
このとき、ダマ状に水がついたところは繊維の内側に入った水分が膨張して繊維が膨らんで、他の場所と見た目がかわって見えたり、光沢がなくなったり、生地の仕上げに使用された溶剤が濡れた所と乾いたところで差が生まれて水ジミ(輪ジミ)になったりするので、細かい霧のものを選んでください。

アイロン台について

圧力と時間が足りないとこのようにはがれて浮いてきます。

アイロン台の中にはスチームアイロンの蒸気が抜けやすくするために裏側が網状になっているものがあります。

網状の支えのある部分と穴の部分で圧力の係り具合が違うため接着不足になったりします。

なので、接着芯やアイロンプリントを貼り付ける場合は雑誌に布を巻いた即席アイロン台でアイロンをかけるとしっかり接着できますよ。

【おさいほう漫画】接着芯はどれを選べばいいの?種類と組合せ 
接着芯って色々あってどれを選べばいいのかわからないよ~という方も少なくないはず

染め

染めは洋裁と逆で高温と上記で染めを定着させます。

そのためスチーム穴の多い蒸気の出る量の多いアイロンがオススメです。

シワとり