ドール用スタンドカラーパフスリーブブラウスの縫い方【おさいほう】

型紙を見る印刷用説明書ダウンロード

縫う前の下準備

特別に指示がなければ、洋裁工房で扱っているドールの型紙の縫い代は7mmです。

襟、見返しなどの生地は、接着芯、チュールレースなどを使用すると厚みを減らすことが出来ます。

オビツ11の型紙の教科書

この本で、接着芯を見返しとして縫って裏返してから貼るというのを読んでこの人は天才か!と思いました。

ほつれ止めをする

生地はそのままだとほつれてくるので、ふちがほどけないように処理をしてください。

先に赤い部分をほつれ止めをする。
赤い部分以外は縫いながらほつれ止めしていきます。

ほつれ止め筆ペン
幅広くぬれるので便利です。

ほつれ止め液を使う場合は熱で消えるペンで型紙を写すと作業がしやすいです。


アイロンでインクを透明に出来ます。
チャコペンだとほつれ止め液を使うと消えてしまうので、水分で消えないこのペンを使って裏から写してください。
消えるのではなく透明になるだけなので、表に書くとうっすら見えるので、裏から写してね。
細すぎると生地の繊維に引っかかって描きにくいので普通~太い線のものを買うのがポイントです。

※ハンダゴテでとかしながら切るのは化繊限定です。
綿や麻の生地はとけないのでほつれ止め液を使う。
洗濯をしないのであれば、木工用ボンドを水で薄めて塗ってもほつれどめになります。
洗濯をしないのであれば、木工用ボンドを水で薄めて塗ってもほつれどめになります。

縫い方

画像の色の説明

ダーツを縫う

ダーツ(服を立体にするためのつまみ)を縫う。
レースや飾りをつけるときは、ダーツを縫った後、肩や脇を縫い合わせていない平な状態で縫い付けると良いです。

肩を縫う

  

身頃と 後身頃の 肩を表同士が内側になるようにに重ね縫う。(これを洋裁用語で中表といいます)
前後の肩を一緒にほつれ止めをする。


←は家庭用ジグザグ縫いでのほつれどめの仕方。

布の端が押さえがねの真ん中にくるよう押さえ金を下ろす。

右側に針が落ちるときに、布からはみ出るようにジグザグで縫う。

こうするとはみ出た部分が布の端を包んでくれてほつれませんよ!

小さくて縫いにくい!!と思ったらピケ(ほつれ止め液)をつかうと楽ですよ。

そでを縫う

カフスをつける。

中心の線どおりに半分に折ってアイロンで折り目をつける。


・そで山(上側のカーブ)とそで口にギャザーを寄せる。


糸調子を元に戻してください。

そで口に裏を上にしたカフスを縫う。


上で付けた折り目と逆向きにカフスを折る。

カフスの両脇を縫う。

カフスを表替えし、袖口の縫い代をカフスの中に入れて表から直線で縫う。


そでを身頃と表同士を内側に重ねて縫う。

そでの縫い代をアイロンで身頃側へ折る。
これを洋裁用語で倒すといいます。


そで口から脇まで縫う。

縫い代は後へ折る。

見返しを縫う

見返しの両肩を縫う。
(分かりやすいように片方だけ縫い付けている図です)
実際は両方縫うね。

えりを縫う

えりを表同士が内側になるように二枚重ねて外側を縫う。

えり首に縫いつける部分は縫わない。

スタンドカラーでもセーラーカラーでも形が違っても順番は同じです。

えりを表返してアイロンで形を整える。


えり首にえりを出来上がり通りに重ねる。

えりのはしは、前中心に合わせる。



えりのうえから見返しを裏を上にして縫う。

見返しのすそも縫う。


カーブの縫い代には切込みを忘れずに。

切込みを入れず見返しを裏がえすと引きつった感じになります。
(試しに切り込みをいれずに裏返してみてください、そうすると意味が分かると思います)


縫い代の角を切る。

角を折りたたむようにして表に折る。



アイロンですそを出来上がり線で折る。

見返しを裏に返し、表から端から3mm位のところを縫う。

・スナップボタンと飾りボタンを付けて完成です。

いるもの

□ 表生地
□ スナップボタン
□ 飾りボタン