【おさいほう】型紙のえり周りを大きくしたり形を変えたりする方法

ラウンドネック(襟のついていない丸い首元)のえりぐりの形を変える。

型紙を体に当てて、鏡を見ながら希望の形に線を引く。


肩の長さをはかり、後見頃の肩の長さを合わせて、後も削ります。

削った所に縫い代をつけて切る。

切り替えのあるデザインの場合、出来上がり線で型紙をテープで固定する。

体に当てて鏡を見ながら線を引いてください。

体から外し線を清書して縫い代をつけてから切る。

型紙のテープを外し各パーツごと布を切る

縫い代をつけたあと別の紙を下に引きえり首のカーブと肩の線を写す。

4~5cm並行に線を引いて切り出す。

これがえり首の縫い代を包んで隠し、補強にもなる見返し、というパーツになります。

もしくはバイアステープで包む