【おさいほう】前あきの服のスタンドカラーの型紙を作る方法

チャイナ服や学ランのような上に立ち上がったえりの型紙の作り方です。
自分で作るから、高さやえりの角の形も自由に調整が出来ますよ♪

えりの形と、立ち上がり方について

えりは図のように後中心を基準の引いた線より、前があがっていると内側にすぼみます。
平行だと垂直に立ち上がります。
前が下がると外側に広がります。


小学校のときに円錐を紙で作りませんでしたか?

それを思い出していただくとカーブの向きと、えりの広がりが想像しやすいと思います。

スタンドカラーの型紙の作り方

サイズを測る

型紙のえりぐり(出来上がり線)をメジャーではかってください。


デザインによってはボタンをつける重なり分の先までえりをつけるタイプ

前中心、までのタイプ

えりの前に隙間が開くタイプなどあるので、自分が作りたいデザインをよく確認して、前中心までなのか、端っこまでえりを付けるのか確認して作ってください。

書く手順

後のえりのカーブの長さ分横に線を引いてください。


前のえりのの長さ分横に線を引いてください。


お好みの高さを決める。

鏡の前で定規を当ててみたり、市販のものを参考にしてください。


下の線に平行に線を引いてください。

この時点だとこのような垂直なえりになります。

首にそわせたい場合は


前と後のえりぐりのところで垂直に線を引いてください。


この線を基準に上側を折たたんでください。

どれくらいの量をたたむかは、実際に型紙を組み立てて、えりを身頃のえりにテープで固定しながら折りたたんで決めると、計算とかしなくても感覚で作れるよ。

外にえりを広げたい場合


前と後のえりぐりのところで垂直に切り開いてください。


切り開いた所の下側を中心に下に回転させてください。

これも実際に身頃をテープで組み立てて確認しながら開く量を決めてください。


切り開いたところは、紙を足し、余分を切り落としてください。

より見栄え良くする修正

えりの前中心を身頃の前中心に合わせ、えり先2~3cmをえりぐりにそうように合わせてください。

前中心線からまっすぐ上になるようにえりに線を引いてください。

余分(き緑の部分)を切り落としてください。

※前の端まで衿が付くタイプはえりを先まで合わせて、線を引いてください。

これをしないと服が完成したときに黄緑色の部分がだぶついたり、重なったりして、シルエットが悪くなります。


縫い代を付けてください。

上記は片身しか作っていないので、下に紙を重ねて写し、左右対称にしてください。

このとき、後中心と、前と後のえりの境のところに印を入れておくと、縫うときに位置あわせがしやすくなります。

関連ページ

【おさいほう】前が開く服のスタンドカラーの縫い方
チャイナ服や学生服などの立ち上がったえりの縫い方です。 前にあるボタンやファスナーで着替えるタ...
【おさいほう】後あきの服のスタンドカラーの型紙を作る方法
えりは図のように後中心を基準の引いた線より 前があがっていると内側にすぼみ ...
印刷
このページを印刷する  
人気の記事
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー