【おさいほう】長ズボンを半ズボンに改造する方法

一般的に良く見るズボンの型紙の形はこの2種類が多いです
まっすぐ立ったときに綺麗に見える、スラックスのような縦の折り目の入ったようなタイプと

ジーンズのように足を開いている状態が自然な型紙です。

修正の仕方が若干違うので

改造する型紙がどちらの型紙か確認してから、近い形の型紙と同じ色の手順を見てください。

丈を決める

※ここは青・黄同じです

型紙を体に当てて鏡を見ながら短くしたい長さを書き込む。
体からはずし線を清書する。

※縫い代は省略しています。
改造する場所の縫い代は外し、改造してから再度縫い代を付け直してください。

すその幅を決める

※青・黄同じです

持っているズボンを参考に前と後の長さを決める。

ない場合は自分の太ももにメジャーを当ててゆるみ分最低3cm足してください。
ゆるみ分がないとかがんだとき筋肉が膨れたとき食い込みます。

(はかった長さ+ゆるみ3cm+縫い代2cm)÷2に

前は-2cm=A
後は+2cm=B

してください

縫い代をつける

※青・黄同じです

すその線の下に平行に2cm線を引いてください。
2cmの線で切る。


縫い代を折る。

すそをすぼめる

黄色いほうだけ股のところからまっすぐ横に線を引いてください。
(布の向きの線に対し垂直)
引いた線を2等分してください。
2等分したところから垂直に線を引いてください


黄色

Aを2で割る=★
中央の縦線から左右に★分の所に向かって線を引いてください。


青色
脇側からA分の所に印をつけて、股から斜めに線を引いてください。

縫い代を折ったまま切る。


広げると完成です

後は脇と股のしたの長さが前と同じになるようにメジャーではかってから、前と同様に切る