綿や麻の生地のシワの取り方

綿や麻の生地のシワの取り方

あひる
生地のシワ、アイロンをかけてもなかなか取れなかったり、動かした先でダブついてしわになったりするんだけどどうしたらいいの?
うさこ
綿や麻の天然繊維のシワとりはアイロンを動かさずにおくだけでもいいんだよ!
あひる
そうなの?私いつも無意識についアイロンを滑らせてた!
うさこ
布のしわを取るのはアイロンでなでる事でも、熱でもないんだよ。
ホラ、雑巾やタオルを絞ったままおくと乾かしている間の形で固まったのを見たことない?

あひる
うん、ねじった形でカチカチになってた!

うさこ
でしょ?
その固まったぞうきんを水につけると柔らかくなって、伸ばして干せばまっすぐになってたよね?
この間アイロン使っていますか?
ね?アイロン関係ないでしょ?

あひる
じゃあアイロンは何で使うの?

うさこ
ぬれた生地を乾かすためだよ。

お裁縫で生地の型崩れをなおすため、霧吹きとアイロンで生地を伸ばしたりする作業があります。
これを地直しといいます。
つまり水分を加えてアイロンを滑らせることで、ゆがんだ生地を違った形に変えることが出来るんです。

逆を言うと整った生地に水分を加えアイロンをすべらせると型崩れするってことですね。
意図せずに生地のゆがみを起こさない為にも
生地にアイロンをかける際は滑らせずに乾かすか、あて布といって、薄いハンカチ位の生地やクッキングペーパーを上に重ねてアイロンをかけるといいですよ。

スペシャルサンクス

ツイッターでうさこに分子について解説してくださった皆さん
ヨシ公さん TOMOさん 御茶月さん Zunkofunさん
修羅場おじさんさん ひにひにさん なろさん
ゆきぴさん さん グラハムさん 潮解五員環たんさん
ありがとうございます!

印刷
このページを印刷する  
人気の記事
このサイトのつくり方ページはいつでも無料でご覧いただけます。 このサイトのページへのリンクはフリーですのでお気軽にどうぞ

型紙の改造方法

襟の縫い方や型紙の作り方えりの改造いろんなそでの縫い方や型紙の作り方そでの改造胴体の改造方法胴体の改造

コスプレ向きの技術

肩章の型紙  飾緒の作り方  お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト  ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー
洋裁工房のつくり方や型紙で作った洋服を自身のブランドの洋服としてフリーマーケットで販売したりネット通販するのもまったく問題ありません。 大歓迎です。 同じような服を作りたい人の為にリンクを貼っていただけるととても喜びます♪
このサイトの縫い方と学校やお教室のやり方が違っても、それは移動するときにバイクやバスや飛行機どれを選択するのかと同じように、どれかが間違っているのではなく、やり方が何通りもあるのです。 また直接先生から学んでわかりやすい方法と、写真や動画で理解しやすい方法が異なることも多いです 洋裁工房は初心者の方が、ネットの写真や動画を見て独学でも服を作れる事を念頭に置いて作っています。 お教室に通っている人は「どっちが正しいのか」と悩まれる方がいらっしゃるようですが、どちらでも「自分にとって理解が出来た方法・やりやすい方」を選択すればいいんですよ。

ファンになってうさこを応援する

ミシンレンタル専門店 [ミシンレンタル屋さん]