すごくカンタン見返しの作り方


見返しとは綿の丸首のブラウスのえりや、コートなどのボタンを止める所の裏側についている布の事です。
布はしの縫い代を包んで見栄えよくしたり、補強の役割があったりします。

型紙なしで直接布を切って服を作る場合や、見返しの型紙を紛失したというときに役に立ちます。

身頃のえりのカーブより縦横が約4cm大きな布を用意してください。
二つ折りに切る指示がある場合は見返しの生地も二つ折りにしましょう。

身頃の下に重ねて待ち針などで固定する。


えりのカーブと肩線を一緒に切る。


5cm並行に線を引いて切る。


広げると左右対称になる
肩と上のカーブは中に隠れるので、下のカーブだけほつれ止めする。


表同士が内側になるように重ねる。
1センチ幅で肩を縫う。

縫い方

1

2

3

4