手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 部分縫い > ハトメの付け方

ハトメのつけかた
Translate


表用 左が下側 右が上側


裏用 左が上側 右が下側

背が高いほうが裏用、背が低く、マッシュルームのようにフチが内側に丸くなっている方が表用のハトメです。

ハトメには片面ハトメと両面ハトメがありますが、洋服用には両面ハトメを使用しましょう。

片面ハトメは、工具で無理やり裏側を広げて布に固定するので、ハトメの裏側に生地の繊維が引っ掛かりやすく、生地を傷めたり、皮膚を引っかいたりするので、両面の方が安全ですよ。



JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


裏側用のハトメを、生地の裏から表に出します
上から表用のハトメをかぶせます。

きのこの柄の様な部分が下になるように重ねてくださいね。

裏返して付属の棒を上にのせます
この時、フローリングやテーブルの上でやると、テーブルなどに傷が入ります。
雑誌などだと柔らかすぎてクッションになってしまい、しっかり締まりません。

100円均一等で写真のようなまな板を購入するか、かまぼこ板があれば、かまぼこ板を利用するのもいいですよ。

金づちでたたきます。
写真はプラスチック製ですが、金づちの方が締りがいいそうです。

付属のうち棒が短いので、手を打たないように気を付けて叩いてくださいね

大量にカシメやハトメを付けなければならない人は、こういうハンドプレスを使うと静かに軽い力でつけることが出来ます

ただし別途コマという専用の取り付け具が必要です

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト