手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > セーラームーン風レオタードの作り方

セーラームーン風のレオタードの作り方

English

Vネックのレオタードの縫い方はこちら


Vネックのレオタードの型紙
スカート部分はここからダウンロードできます

エッフェル スーパーストレッチミシン糸
レオタード生地を縫う場合は必ずこの糸を使ってください

印刷用説明書



布印刷
Contrado.jp

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


ニットの縫い方
布の印のつけ方や接着芯の貼り方は縫う前の下準備で詳しく説明しているよ 表地 ■
裏地
 ■

裁断した全てのパーツの端をほつれ止めをしてください。
型紙に指定された場所の裏に接着芯を貼ってください。

お洋服に模様や刺繍を入れたい場合はこの時点で入れておくと楽です。

表地の背中心を表が内側になるように重ねてください。

後中心を縫ってください。

アイロンで左右に折ってください。

化繊の生地なので温度に気をつけて下さい。

中温以上にしないこと!

前後の上側の身頃を表が内側になるように重ねてください。

肩を縫ってください。

同じように裏地も縫ってください。

1)
2)
1)セーラーカラーの表同士が内側になるように重ねてください

2) このとき図のように「表に見えるほうのえり」を2〜3mm内側にずらしてまち針をさし、しわが入らないように、目打ちなどで気持詰込み気味にぬいあわせます。



上記のように表を少し中に入れ込む理由は

えりは実際に人間が服を着たとき、首周りのカーブと

肩のカーブにそっています。

外側のカーブと内側のカーブでは外側のほうが長く、内側が短くなります。

なのでその分を補うために2〜3mm表になるほう(外側に折り返すほう)を内側に入れ込んで、長さを調節しているのです。

これをしないと一番下のえりのようにに引きつってえりの先がぴょこっとあがってしまうので注意が必要です。

表に返して、端から5mmくらいの所を縫ってください

あまり布のギリギリを縫いすぎると、ミシンの針穴にえりの先が食い込むので注意!!

表にした身頃にえりを表にして重ねてください。

仮止めなので端から5mmくらいの所を縫ってください。

えりを合わせるのは端ではなく出来上がり線のところです
えりの出来上がり線の端がえりくびの

出来上がり線の角に来るように合わせてください

えりの先が縫い目にかかりそうなときは図のように折ってよけてください。


裏地と表地が表同士が内側になるように重ねてください。

1枚だと薄くてすけたり、下着の形がくっきり出たりしやすいので2枚がさねでつくります

カーブの所と胸元の角に切り込みを入れてください。

縫い目を切らないようにギリギリでとめてね。

切込みを入れないと裏返したときに、カーブが引きつるよ。

表に返し、えりをよけて5mmくらいの所を縫って縫い代を固定させてください
立体感を出すために袖の所に綿を入れます

私はドミット芯を入れました

あまり入れすぎるとミシンの押さえの間に入らないので、1枚半くらいが丁度いいかも。

表布の上に1枚、その上に半分を重ねて二つ折りにします。

端を仮縫いして閉じます

布用ペンなどで図のように補助線を引いて、ミシンで縫うと立体的になります。
裏をよけて、表側にだけそでくちをつけます。
裏地を捲り上げて表生地同士を表が内側になるように重ねて脇を縫ってください。

そのあと裏地も裏地どうして脇を縫ってください

そでぐりの裏地を縫ってください。

身頃の裏地を手縫いでちくちくちょっとゆるめに閉じていきます。

これをまつり縫いといいます

下側の後身頃を表同士が内側になるように重ねてください

後中心を縫ってください。

縫い代は左右に折ってアイロンをかけてください

前身頃と後身頃を表同士が内側になるように重ねてください。

脇を縫ってください。

見返しの後身頃を表同士が内側になるように重ねてください。

後中心を縫ってください。

縫い代は左右に折ってください。」

前見返しと後見返しの脇を表同士が内側になるように重ねてください。

脇を縫ってください。

身頃の下部分と見返しを表同士が内側になるように重ねてください。

股下を縫ってください。

えりと同じく、カーブの縫い代に切込みを入れるのを忘れずに!!

見返しを裏側に返してください。

端から5〜7mmくらいの所を縫って形を整えてください。

見返しの上側もミシンで縫うか、難しければ手縫いで縫う。

(ここはスカートで隠れるよ)

またのところにリングスナップをつけます

上側に凹 下側に凸をもってくると着替えの時に凸の部分が体にあたらないので痛くないですよ

上のパーツの「表側」の赤い所と、下の赤い所を表同士が内側になるように重ねてくださいに。

このとき上側の裏のパーツはよけておきます。

裏地のすその縫い代を1cm内側に折ってください

縫い代が見えないように手縫い(まつりぬい)でゆるめに縫ってください

スカート部分
スカート部分をアイロンで折り目をつけてひだを入れてください。

たたんだあと、上から5mmの所を手縫いで大きい縫い目で縫っておくとヒダが崩れにくいです

後身頃のスカートを表が内側になるように重ねてください。
赤線の所だけ縫ってください

縫い代を左右に折ってください。

↓ファスナーでつける形式で書いていますが、ファスナーつけが苦手な人はスナップボタンにしたり、マジックテープにしたりしてください

コンシールファスナーを付けてください。

コンシールファスナーは専用のコンシールファスナー押さえが必要ですが、洋服作りでは頻繁に使うものなので1つ買っておいて損はないと思います。
前スカートと後スカートを表同士が内側になるようにに重ね、脇を縫ってください。
スカートのすその端から5mmくらいの所にギャザーを寄せてください。

出来上がりの線と、縫い代の端は、カーブですから長さの差が出てきます、

そのためそのまますそをあげる綺麗に仕上がらないので、ギャザーを寄せて余分を調整してください

すその縫い方

下の図は左のずの右上の角の拡大図です。
ギャザーの量を調節できたら、ミシンですそを縫ってください。

スカートのベルト部分


この形をした腰パーツ(前身頃)の赤い部分を中表に合わせて縫ってください。

切込みを忘れずに!

縫い目を切らないように気をつけて切り込みを入れてね!

後身頃の脇側に縫い目より気持ち内側まで、先に切込みを入れてください。
前身頃に中表に後身頃を重ねてピンで留めてください。

(これは見やすいように反対側は省いていますが、前身頃の中心で左右対称になってます)

切込みから開いて向きを変えて縫い代を合わせてください。

反対側の腰も同じように縫ってください。

赤い部分を縫ってください。

わた状の芯を切ります

私は3枚ほど入れましたが、綿の厚さによって増減してください。

あまりたくさん入れると、ミシンで縫えなくなるので注意!

わたは左右別々に作って、つなげなくてOK

わたはこんな感じで私は3枚重ねました

中表に折り返して、後ろ側の中心を図のように縫ってください。

(わたは出しておく)

表に返してわたをつめて、ピンで留めてください。

反対側も同じように入れてください。

端から5〜7mmくらいの所を縫ってください
ベルトとスカートの表同士が内側になるように重ねて、縫ってください
ベルト部分を起こして、縫い代をスカートのほうに折ってください。

スカート側の端から2mm位の所を縫って縫い代を固定してください。


後と脇にスナップをつけてください。

脇のスナップはウエストのくびれの気持ち高めの所につけると足が長く見えます。

下のほうに付けるとそれだけスカートが下がるので気をつけて!


胸元とスカートのリボンも図の場所にスナップボタンをつけて取り外しできるようにすると、収納やお洗濯が楽ですよ!


Vネックのレオタードの型紙

★★★★★★★★★★★★★★

・私はこの生地で作りました

コスプレ衣装用!透けにくい2WAYスパンデックス白(レオタード部分)
Mサイズ1.6m

ポリエステルサテン(えりやスカート部分)Mサイズ1.4m

写真の衣装のえりや、スカートの生地はシルデューデシンです。
おなじくこちらを使う場合は1.6m

 赤や青などはサテンクレープのほうが見栄えがすると思いますが、光沢を押さえてシックにしたい場合はこれがオススメです。

 紺や黒などは私は、サテンよりこちらのほうが合うと思います

↑この生地の場合の布の配置図

あまった所でブーツカバーとかが余裕で取れます。

上記以外の生地ですと幅が異なります。
上記の生地は幅が広いので、他の生地ですと1.5〜2倍くらいの量がが必要になる場合があります。

またサテンは原材料によって、洗濯で縮んだりするものもありますので、上記の生地をオススメしています

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト