手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング >  すそあげのしかた

すその縫い方
translate

スカートのすその上げ方

青い点線が出来上がりのすそ線です



ソーイングネット

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い

布印刷
洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


すその縫い代の2倍の幅の所に印をつけてください。
布の量の計算

すそのあげ方

フレアスカートのようなすそのカーブのきついデザインはすその縫い代がずれて捻れてしまいやすいです。

こういう場合は、熱接着の両面テープを使うと生地がずれません。

熱接着の両面テープ

印から5mmはなれたところに熱接着の両面テープを貼ってください。

すその縫い代はカーブのため、端の部分(赤い部分)出来上がりの部分(青い線)では、端線の方が長い。

アイロンで出来上がり線で折る。

そのまますそ上げをすると、端の方が出来上がりの長さより長いので、しわがよったり綺麗にすそ上げが出来ません。

このように長さの差がだぶつきになります。

すそから3〜5mmくらいの所に、ギャザー寄せをする。
ギャザー寄せの仕方を参照下さい
下糸(ミシンのボビン側の糸)を引っ張りながら縮める。

均等に縮めながらアイロンを掛けるとこのように綺麗に落ち着きます。
※カーブのきつい場合は多少ダブつきます。

まっすぐ縫う方法
表替えしたところ。
このようにギャザーを絞りながらアイロンを掛けると表から見て変なしわがよったりせず綺麗に仕上がります。
これで縫えば裾上げ完了です。

表から縫ってください。

裏から縫うとせっかく均等に寄せた生地を押え金が押してずらしてしまうので、縫い代部分が下になるように、表から縫うと送り歯(ミシンの下側の布を押えるギザギザの部分)がしっかり布を後に送ってくれるので綺麗に縫えます

ズボンのすその縫い方

ズボンのすそをあげたら、縫い目のところにしわが寄っちゃった!!という方結構いるんじゃないでしょうか?
紫の線が切り落とした線(縫い代の端)

赤い線が出来上がり線。

青い線が、出来上がり線ですそを折り上げた時に縫い代の端がくる高さ。

ズボンはすそに向かってすぼまっていることが多いですよね?

出来上がり線で折ると、すその縫い代の長さと、折りあげたところの長さが異なります。

そのためこの差の分がしわになってしまうのです。

そこで折りあげたところの長さと等しくなるように、出来上がり線(グレーの線)から縫い代の端に向けて広げるように縫う。

すると、すそを折った時に引きつらなくなりますよ。

ジーンズなどの生地の厚いものをすそあげ使用とすると暑くて縫いにくかったり、針が折れたりしますよね?
そんなときは図のように先のほうの縫い代を細くします。
針折れしない裾の縫い方 切る場所は折りあげたすそより5mmほど下側から切り落としてください。

そうしないときった所が縫い代の外に出てそこからほつれてきたりします。

コレで縫うと縫いやすくなりますよ。
すそを縫う場所
裁ち目(布の切ったところ/ほつれ止めをした所)から5mm位のところを縫ってください。

あまり裁ち目から縫い目が離れると右側のように洗濯したときに縫い代が折りかえったりします。

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画 洋裁動画

★★★★★★★★★★★★★★

肩章の型紙  飾緒の作り方
 お好みの色や長さが作れるフリンジの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

生地への柄の入れ方

ステンシル(絵の具)で生地に絵を描く ステンシルフェルトを使った柄の入れ方フェルト レザーを使う レザー 

ラバーシートを使った柄入れの仕方 アイロンラバーシート 布用スプレーで柄を入れる方法スプレー


布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト