手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房
English TOP はじめに 洋裁初心者講座
洋裁用語 作り方・製図一覧 型紙DL 生地屋さん おすすめ洋裁の本

USAKOの洋裁工房 > 簡単ソーイング > 婦人服  > ギャザーの作り方

ギャザーのよせ方

Translate

ギャザーの入れ方です。


フリルの縫い方はこちら



JUKI
JUKI

洋裁工房の本が出版されました!



★★ サイトメニュー ★★

★★ 作りかたメニュー ★★

シャツワンピース・ジャケット等
スカート・ズボン
子供服
コスプレ
和服もどき
こもの
部分縫い


洋裁工房に広告を掲載する

新しい型紙や、作り方頁が出来たら知りたい方はこのメルマガに登録すると「新しいの出来ました」メールが無料で届きます
CGIの匠

メルマガ購読・解除
洋裁工房通信
   
powered by まぐまぐトップページへ


 ミシンの縫い目の長さを長くする
だいたい1針分の長さが3〜4mm程度にする。
 
ミシンの上の糸の糸調整を弱くする。

糸調整をするための調整器はミシンによって異なります。

ダイアル式のものは左に回すと弱くなり、デジタルのものは「弱く」もしくは「-」と書かれたボタンを押すか、タッチパネルを押すことによって調整できます。


縫い始めは糸が抜けないように、ミシンの後方へ上下の糸を長めに(6〜7cm位)出しておいてから縫い始める。
図A

図B

通常は図Aのように糸調子が布の間でつりあった状態が綺麗といわれますが、
あえて上の糸を弱くすると、上の抵抗が弱いため下に糸が引っ張られ図Bのようになります。

これによって下の糸が引き抜きやすくなります、それを利用して布を縮めます。

縫い終わりも長めに糸を残す。

(糸を引くための持ち手にするため)


縫い代の中を2本縫います

1本より2本縫ったほうがギャザーが均等に寄せやすいです。


そして下糸(裏側)だけを引っ張ると、ギャザーが寄って行きます。

ギャザーを入れるときは面倒でも2本入れておくと綺麗にギャザーが寄せられます

1本だけだと布端がそろわずガタガタになります。
なのでスカートのすそに縫いつけて完成した〜と思ったら、表に端がはみ出ていた!なんてことがあったりしますよ。


フリルを縫いつけるときはこのように同じ数だけフリルとフリルを付ける土台になる方に均等に印を入れておきます

印同士をあわせてピンでとめます

ギャザーを寄せるために裏側の糸2本だけを引っ張ります。
この写真だと裏を上にしているので上側2本です。

わからなくなりそうな方は、下か上のどちらかの糸の色を変えておくといいですよ。

内側同士が表になるように(中表)重ねてミシンで縫います
 フリルを起こして土台側に縫い代を倒して、土台と縫い代を一緒に表からミシンでぬいます

  ギャザーを入れ終わったら忘れずに糸調子と縫い目の長さを元に戻しましょう

  フリルを作るときはほつれ止めをするとかたくなって、綺麗なドレープが出来ないことがあります。
織物は縦横の糸で織ってあるので、縦横はほつれやすく、斜め方向はほつれにくいという性質があります。
それを応用して布の縦横に対して45度の角度で切ることでほつれどめをせずに使うことが出来ます。
長さを足したいときは、90度の角度で交わるように重ねる。

少しずらして、交わった角を結ぶように縫う。

斜めに縫い合わせることで縫い目がすっきりします。

 両フリル 片フリル 縫い代をアイロンで割り開きはみ出た縫い代を切り落とす。

両フリルの場合は両端を折って縫う。

片フリルの場合は片方だけ折る。

分量によるフリルの違いと生地による違いの比較

これは一般的によく見かける薄手の綿生地。
ブロードと呼ばれるものです

土台の生地に対して1.3倍1.5倍2倍の分量の生地にギャザーをよせて縫いつけてあります。

カツラギ

生地屋さんでカツラギくださいというと

厚手の綾織の綿生地を出してくれます。

バッグを作ったりズボンやカジュアルなジャケットなどにも使われます。

上が1.5倍下が2倍のフリルです。

生地が厚く張りがあるので、1.5倍でもかなりボシュームが出ます。

2倍ともなるとかなりモコモコします。

ギャザーを寄せると言う事は生地の密度が上がると言う事です。

生地の密度が上がると生地が固くなりますので針が折れやすくなります。

シルデューデシン

化繊のテロテロした薄手の生地です

上が1.5倍 下が2倍のフリルです。

上のカツラギと同じ分量なのに全く風合いが異なるでしょう?

薄く張りが無いのでボリュームが無いので2倍でカツラギの1.5倍程度と同等位のボリュームに見えると思います。


同じ生地でも二つ折りにするか、一重(折らずに使う)かによっても風合いがかわってきます。

別珍。

上段が一重

下段が二つ折りです。

二つ折りにすると縫い付け部分が2枚に重なるので、厚みも増し、貼りも上がるので密度が増しみっちりとした感じになります。

特に別珍は生地自体が厚いので余計みっちりになりますね。

以上を踏まえ、どんな生地も一律に同じ分量と言うわけでなく、素材によってギャザーの分量を変えてあげると、イメージに近いデザインが作れると思います.

二つ折りは布の量も増えるし、厚みも増すのでいつ使うの?と思うかもしれませんが、

はりの無い生地を二つ折りする事で張りを出したり、端をほつれ止めして折ると見栄えが悪い時や裏が見えるのが見栄えが悪いと言う時に使います。

例えば胸元や肩のフリルはせり出しているので張りがないとだらんとしてしてしまう、と言う時などは二つ折にすると、裏も綺麗ですしね。
ヘッドドレスのフリルなども二つ折りにすると綺麗ですね。

タックフリルの作り方

★★★★★★★★★★★★★★

洋裁漫画

洋裁動画

布屋さんリンク



USAKOの洋裁工房作り方一覧型紙ダウンロード洋裁漫画|更新履歴
サイトマップフレーム版にする>洋裁作り方動画オススメ洋裁の本
洋裁質問掲示板
ミシンについて|>無料の型紙お問い合わせ作品リスト